スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第286回 劣後特約付貸付

暑いですね。

劣後特約付貸付

3月17日、日銀は金融機関への劣後特約付貸付について見当を行いました。

措置の内容は以下の通り 

1.措置の内容
  金融機関に対する劣後特約付貸付

2.対象金融機関
  貸付を希望する自己資本比率規制上の国際統一基準行(銀行)で、日本銀行が適当と認めた先

3.貸付総額
  1兆円

4.1先当たり貸付上限
  貸付総額の一定割合など何らかの上限を設定

5.商品性
  ・利率については、市場実勢を勘案して日本銀行が定める利率

  ・貸付期間などは今後検討



劣後特約…。劣るという言葉がありますね。
さて、まず『劣後特約』とは何でしょうか。
劣後特約とは、普通の債権(会社がその権を持った人に)を持った人を比べて、支払う順番が後回しになるということです。
もし、発行会社が破綻してしまい、債務者へ弁済をしなくてはいけなくなったとき、他の債務者を先まわしにして返済し、返した後で劣後特約付債権を持った人へ弁済します。
つまり劣るという文字にかかるものは、債権者の破綻した後の、他の債務者によって劣化した債権者の経済力ということです。
これは、他の債権者にはしっかり払ったがほとんど残りのお金が無い状態で劣後特約付貸付の債権者へ弁済するわけなので、全てお金が返ってくる可能性が低いというわけです。

責任度合いが高い債務とは違って、自己資本の体を成していると言ってよいでしょう。
普通債権とは違ってリスクの高い債権になるので、要注意が必要です。

劣後特約付貸付は、同じようなものが保険にあり『劣後ローン』・『劣後債』と表している会社もあります。

今回はここまでです。
次回はHiFiについてです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。
スポンサーサイト

第182回労働基準法

…ヤスです。それでは例によって私の2008年を一文字で表します。
私の2008年は「猫」です。
理由は…ご想像にお任せします。
それでは本日のテーマは労働基準法です。

労働基準法

労働基準法とは読んで字のごとく労働に対する基準や諸条件を規定した法律のことをいい、労働組合法、労働関係調整法とともに労働三法と呼ばれています。

日本国憲法の第27条の第2項に「賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める」という規定がされたので昭和22年にたてられたのがこの労働基準法です。

その後1985年に男女の差別を無くすために改正され、そのさらに後の1987年の改正の際には週40時間制やフレックスタイム制が導入されました。

この労働基準法で定められている労働基準はあくまで最低限度のものであるからこの法を理由に労働条件を低下させることはできません。

ただしこの法に関しては除外者が存在していて一般職の国家公務員(但し、独立行政法人、国有林野事業の職員は除く) と一般職の地方公務員については一部適用除外がされています。

この法と他の労働法をあわせた労働三法があるからこそ我々労働者は安心して労働することが出来るのですね。何か少し短めな気もしますが今日はここまでです。

明日のテーマはブログです。

*この記事は土曜担当のヤスが書きました。
それでは皆さん良いお年を…ニャー!!

第101回 レアメタル

素粒子研究の権威3人による、日本人トリプルノーベル賞受賞が報じられました。とても喜ばしい事であり、理学で受賞したことが日本らしいです。

レアメタル

埋蔵量が少ない・抽出が経済的・物理的に難しい、非鉄金属(鉄又は鉄を主成分とした合金以外の金属)の総称をいいます。
通称レアメタルと呼ばれ、白金・ニッケル・コバルトなど31鉱種が対象となっており、ステンレスなどの基礎材料産業から、ハイテク産業まで幅広く使用されており、世界的に需要が急増しています。

用途は大きく分けて3つあります。

1.構造材
構造材に使われるレアメタルは、鉄や銅、アルミニウムなどのベースメタルに添加して合金を作ることに使われ、強度を増したり、錆びにくくしたりします。台所の調理器具等に使われるステンレス鋼や、耐熱材、などに利用されます。

2.電子材料・磁性材料
発光ダイオード、一次電池、二次電池(ニッケル-水素電池)、、超伝導材料などに利用されます。
携帯電話から抽出される材料はこのパターンが多いです。

3.機能性材料
光触媒、磁気光学媒体、EDレンズ等の光学ガラス、磁気ヘッド、形状記憶合金、などに利用されます。 プラズマディスプレイ、蛍光灯等の蛍光体にも使用されます。


 生産国がロシアや南アフリカ共和国、中国などの一部の国に限定されていることもあり、供給不安や価格変動のリスクが常にあります。
 最近では中国・四川大地震の影響による供給不足への懸念から価格が上昇しており、日本は世界有数の消費国でありながらリサイクルも活発ですが、ニッケルなど供給リスクの特に高い7鉱種については官民合わせて国内消費量の60日分の備蓄を目標としています。

世界における、日本の鉄鋼業界における重要性は全く異なります
日本の商社は日本企業向けのレアメタルの輸入を行っていますが、鉱山開発から精製、販売までの非鉄金属業界の中で自ら進んで戦略的に動く意志と能力を持っていないというのが現状です。

これにより、中国・ロシアの資源大国が囲い込みを始めているため、日本の国内産業に不足するレアメタルを輸入するには資源国の示す価格条件を受け入れるしか選択肢がない状況です。
日本では希少金属の国内生産・抽出の難しさに、代替あるいは希少金属の効率的な使用方法開発を目指しています。

明日はプロトコルについてです。
この記事は火曜担当の マッサーカ が書きました。

第59回労働力人口

最近急に寒くなりました。お年寄りと一緒に暮らしている方は、注意して温度管理をした方がいいかも。強張る体にこたえるそうです。

さて今回は
労働力人口

労働力人口は就業者と完全失業者を合計したものです。
さて、ここから本題に入る前に簡単に用語について説明したいと思います。

世の中では大まかに分けて、『労働者』(就業者&完全失業者)『非労働者』(学生・ニート・専業主婦等)人に分かれています。
『労働者』
就業者:就業しており、職務を全うしている人(サラリーマンや公務員等)
完全失業者:就業していないが、就職活動や労働をしている人(学生は労働をしていない部類ですが、アルバイトをしていれば、それは労働に入ります)
『非労働者』
学生:学生は労働というよりは、お金を払って勉強をしているので、むしろ消費者に入ります。
主婦:パートで働いていれば労働者に入りますが、家事などは労働に入らないので非労働者に分類されます。

完全失業者について、仕事を辞めさせられたor辞めた人を指すと誤解をされている方がいると思いますが、
前にも述べたとおり、就業していないが労働や就職活動をしていればそれは完全失業者に入ります。

というわけで、大まかに
就業者&完全失業者の『労働者』と
それ以外の『非労働者』に分かれるわけです。

労働力人口は、労働者の値そのままと言っていいでしょう。
この労働力人口で占める完全失業者の割合を完全失業者率といいます。
非労働人口は、労働者人口以外をあらわします。


これからの労働力人口がどうなってゆくかは、日本の景気次第でしょう。
景気といえば、1975年のアメリカはIT革命により、急激に進み行く完全失業率を抑えました。
また日本の若者の就業に関する意識は、30年前と比べ大きく変わりました、
要員の一つは『情報』が大量かつ容易に触れる事ができるようになったことによる意識の多様化があります。
統計は雄弁に語る、世の中の流れに対し正直に移り変わりゆく労働者人口を世相や事件等と併せてみると、数字の思わぬ裏側を見れるかもしれませんよ。


この記事は火曜担当のマッサーカが書きました。
明日のテーマは公共投資です。

第46回 利回り

オリンピックが盛り上がってますね。
あの熱気に負けないようにこちらもがんばっていきましょう。

利回り

はい、今日のお題は利回りです。皆さんは利回りと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。
今日は利回りの意味について簡単に説明していきます。
利回りとは投資したときの金額に対する収益の割合のことを言います。

通常、利回りとは最終利回りを意味します。
最終利回りは、債券の収益性を表す最も基本的な指標です。
長期にわたる投資の場合、1年あたりの平均値に直したものを、年平均利回りともいいます。

このほかにも利回りには種類があり、最終利回り、所有期間利回り、応募者利回り 、直接利回りなどがあります。
まぁ投資家にとって利回りとは儲けた時の割合なので、もちろん重要なんですが優先順位では低いかもしれません。

それでは今日はこのへんで失礼します。
明日はに裁定取引に ついてです。

この記事は水曜担当のカズが書きました。


ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。