スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7の体験談:こと

Windows7の体験談

最近、経済用語解説ばかりだとのご指摘を受けたので、今回はパソコンについての体験談を書いてみたいと思います。

話題のWindows7を、早速VISTA機にインストールしてみました。
今回使用したPCは富士通のノートパソコンで、スペックは以下の通り

CPU:CeleronM1.4G
メモリ:2GB
グラフィックボード:オンボード

スペック的に厳しいかなと思って店員さんに質問したところ、VISTAのホームプレミアムが搭載されているパソコンであれば、まったく問題はないとのことで、早速購入しインストールしてみました。
今回は店員さんの勧めもあり、アップグレードで行いました。通常はクリーンインストールとアップグレードが選べるようです。

インストール自体は非常にスムーズでしたが、使用してみたところ、動きがぎこちなく、アプリケーションを起動させる際に画面が暗転するなどのトラブルがありました。そこで再起動したところ、その症状はなくなりました。

使用感として、確かに速いです。体感で起動はVISTAの半分、終了は若干速いと言った所でしょうか。
VISTAがベースだけあって、VISTAで起動するアプリケーションは私の環境では問題なく動きますし、ピクチャを全画面表示させる際も一瞬で開くようになりましたから、かなり軽量化がなされていると思います。

低スペックのPCほど7の恩恵を受けやすいそうですので、VISTAが重くて買い換えようと考えている方は、一度試されたらいかがでしょうか。私は概ね満足です。もう少し価格が安ければ、言うことはないのですが・・・。

この記事は、ことが書きました。
スポンサーサイト

第303回 炎上

後期授業が始まりました。これからが正念場。

炎上

インターネットにおける炎上とは、サイトやブログに大量の非難や批判、中傷の投稿をされることです。

多くの場合、サイト管理者の犯罪行為の発覚や自慢、マナー違反、非常識な言動、間違った知識で意見を述べるといったことで発生します。
(しかし、ちょっとした揚げ足取りや誤った情報によって炎上することもあるため、必ずしもサイト管理者に非があるとは限りません)
それらがインターネット上で話題になることで、閲覧者や野次馬がそのサイトの掲示板やブログのコメント欄などに否定的な文や非難を多数書き込みます。この状態を炎上と言います。

万一炎上した場合、これらの書き込みに対して挑発的な文章で返したり、間違いを認めなかったりするのは逆効果なので、なるべく閲覧者を刺激しない対処をしましょう。


この記事はマスヲが書きました。

第297回 OEM

第297回 OEM

夏”っぽい”天気になってきました。しかし、本格的な夏がないまま秋になるのでしょうか。
今回のお題は

OEM

最近ではあまり見かけない単語ですが、「Original Equipment Manufacturing」の略で、他社のブランドの製品を製造することを言います。
日本においては「OEM販売」という形で良く使われています。
1950年代にIBMが作った造語で、米国のコンピュータ関連企業から広まって行きました。
IBMってコンピュータとなるとなんでも生み出すすごい会社ですね。
コンピュータに限らず、家電や自動車など、様々な業界において幅広く利用されているビジネス手法とされています。
簡単に言ってしまえば、他メーカーの製品を作らせてもらっているという感じですね。
特に中小企業などの営業力が弱い企業などは大手企業からのOEMを受けるという手法もあります。
日本では、ビデオテープ、いわゆるVTR戦争で、VHS側の企業の大手であるビクターや松下電器などが、他のVHS企業にOEMを行ったことがあります。
これによってVHSはVTR戦争に勝利したともいえると思います。
技術的にはベータの方が進んでいるとも言われていた中での勝利は素晴らしいと思います。
現在は、実は市場はOEM品だらけで、ほとんどが中国などからのOEMです。
例えば「Made in China」と表記された日本企業の製品などがそうですね。
最先端の技術と使用している製品じゃない限り、市場に出ているのはOEM品といえるでしょう。
自動車産業でも80年代から90年代にかけて、良く行われていました。
例えば現在の車種では、三菱のekワゴンと日産のオッティがOEMであると言えます。
価格や市場の拡大を図るために欠かせないビジネス手法です。
これからも良く使われていくでしょう。


今回はここまでです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

第291回 ubuntu

日食を生で見ることが出来ませんでした・・・
26年後に期待です。

今回のお題は

ubuntu

最近は何かとLinux系のOSが注目を集めるようになりました。
ubuntuもまた、LinuxをベースとしたOSです。
Linux系ですが、とても使いやすいように設計されており、インストールも容易に行えるようになっています。
また、半年ごとに定期的なリリースがあり、より安心して使う事が出来ます。
ubuntuの特徴は、デスクトップ環境を充実させることに重点が置かれていて、サポート面でも3年の保障がついてきてとても頼もしいです。
最近はDELLが標準OSとして採用しており、人気を博しています。
実際にDELLのサイトでPCを注文するときに、ubuntuも選べるようになっていました。
ubuntuはフリーソフトを利用して、安定的なOSをユーザーに提供するように研究が続けられているそうです。
一般的なユーザーにとっては、これほどまでにメーカー側からのサービスが厚いOSも少ないではないでしょうか。
半年ごとに最新のubuntuがリリースされるために、頻繁にアップデートが行われるOSとされています。
ubuntuの最初のリリースは2004年で、Debianという、これもまたLinuxベースのOSからの派生品として登場しました。
ubuntuの特徴としてインストールが簡単ということがありますが、ubuntuはPCの再起動の動作なしでハードディスクにインストールすることが可能になっています。
大きなソフトでもインストールする時は再起動が必要になりますが、それがいらないOSというのはすごいことですね。
また、OpenOffice.orgやMozilla Firefoxなどもインストールされており、ほとんどがフリーソフトでありながらかなり充実しています。
さらにはいつくかの小さなゲームも同梱されていて、インストールするだけで十分実用できる仕様となっています。
また、驚きなのが、これだけの機能が揃っているにもかかわらず、一枚のCDにすべてが収められているという点です。
現在ではwindowsからの移行がサポートされ、ブックマークや設定などが簡単に移行できるようになっています。
これはwindowsから乗り換えようと考えてるユーザーには便利な機能ですね。
さらには、ツールを用いてwindowsのパーティション内にubuntuを入れることもできます。
ダブルOSパソコンなんていう、面白いPCが作れるということですね。これは楽しそうだし、かなり便利でしょうね。
ubuntuには様々な派生品があり、環境を書き換えたKubuntu、教育用にカスタマイズされたEdubuntu、低スペックPCに動作が軽くされたXubuntuなど、様々なものがあります。
また、これ以外にも非公式での派生品が有志によって数多く開発されています。
もしかすると、Linspireとubuntuがwindowsに代わって市場のほとんどのシェアを獲得している、という時代も来るかもしれませんね。
windowsを脅かす存在となるか。今後に注目です。

今回はここまでです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

第279回 HDMI

入梅したはずなのに雨が少ない。と思えば土砂降り。異常気象でしょうか。
今回のお題は

HDMI

HDMIは、新企画のマルチメディアインターフェースで、High Definition Maltimedia Intarfaceを略略した言葉です。
High Definitionと言えば、前に解説したHDAにもこの言葉が使われていましたね。
この規格は液晶テレビやプレイステーション3を持っている人ならよく知っているかもしれません。
HDMIはアメリカのSilicon Image社によってデジタル家電向けに作られたPC向けのDVIをAV機器向けに改良したものです。

HDMI_socket.png

この画像を見れば、「あぁ、あれか」と思い出すかも知れませんね。
それくらいに現代のデジタル機器には浸透してきています。
ちなみにDVIはPC用ディスプレイなどで使われている規格です。
HDMIは非圧縮でデジタル音声や映像を伝達できるので、音声、画像ともに劣化することがありません。
これは最近の高画質、高音質を追求する時代にはもってこいですね。
非圧縮で伝送出来ることは他にもメリットがあり、HDMI対応の機器同士であれば、それらが互いを認識するのでデコーダなどが不要となることです。
また、映像、音声、制御信号までもが一体化したシングルケーブル形式のためにケーブル配線も簡単になります。
ごちゃごちゃしたケーブルは煩わしいですからね。
僕のPC回りもごちゃごちゃしてるのでHDMIのシングルケーブルはよさそうですね。
互換性の問題もHDMI対応の機器には厳しい接続確認テストがあるので問題はないようです。
最近は特に家電量販店でも注目されており、薄型テレビコーナーで「HDMI端子搭載!」と書かれたポップを見かけることも多いと思います。
特にアメリカでは既にHDMIが搭載されてない機種は販売禁止となっており、急速に普及してきています。
しかし、ライセンス料が米ドルで1万ドルと高く、日本では安価な機種はHDMI非対応となっているので、普及率は意外と少ないです。
しかし、かなりのメリットがあるHDMI。
ライセンス料の問題が解決して、より普及してほしいですね。

今回はここまでです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。