FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第270回 人体通信

どうも。こんにちは。

人体通信

近未来、人と人が手を触れ合っただけで情報を通信できたり、それに近い描写を見たことがある人はいるかと思います。
現在はいくらか近づいたとはいえ、携帯電話での通信など物という媒体が必要でした。
この人体通信というのは人間の体を媒体にして情報をやりとりできるものなのです。

概要は通信機器を装着した人が、同じ機器を装着した人と体の任意の一部を接触させることにより通信を可能とするというものです。

具体的には、握手をすればお互いの名刺交換のようなものができる、改札を通る際に定期を見せたりカードを改札機にかざさずそのまま行ける、TASPOの代わりに手をかざす等等。
もし実現することが可能であれば、経済を大きく動かす可能性を秘めた技術なのです。

特筆すべきは電力供給をどこで行うかです。
私達の体には脳が体に向かって信号を送ったりなど、微弱な電流をもっています。
人体通信はその大変小さな電気を使って、電力供給をまかなおうというのです。

この通信技術はユビキタスコンピューティングでもあり、実用可能であれば意識せずとも普段の生活にインターネットへつながることができる事も期待されています。

技術の開発は、日本では1990年代にNTTが『人体の表面に電気を走らせる』電圧方式を、松下電工が『人体の内部に電流を走らせる』電流方式を研究しています。
今から約20年前に提唱された技術ですが、実現の途方のなさから話題性が徐々になくなってゆきました。
しかし2004年から松下電工が電流方式を発表したことにより、また再燃しました。
なにより周りの技術が、昔よりも格段に実現に近いものができることとあって期待が高まる技術であるといえます。

近未来が一般に広まる形で来る時代も来るかもしれません。
ちなみに自分は、もしこういう物が広まった社会があったならば、是非選挙に使って欲しいと思います。
個人の特定ができるので、いままでの方法より正確性は強いはず。

今回はここまでです。
次回はデジタルについてです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。
スポンサーサイト

第230回 ジョセフソン素子

天気がいいと静電気がひどくて大変です。帯電しやすい人には最悪な時期ですね。
今回のお題は

ジョセフソン素子

ジョセフソン素子とは、イギリスの物理学者、ブライアン・ジョセフソン氏によって考案された電子素子です。
絶縁体の間に超電導体を挟んだ時に、そこを流れる電流が電圧に比例して振動電流を発生する「ジョセフソン効果」を利用した素子です。
これにより、シリコン半導体よりも高速な素子が開発されるのです。
クロック数やスイッチング速度がシリコン半導体よりも圧倒的に高いので、この素子なら理想的なコンピュータが作れます。
さらには消費電力も少ないので、省エネや環境面においてもシリコンよりも有利です。
すごく画期的な技術ですね。
しかし、人間の作ったものなのでやはり弱点が存在します。
それは、超電導技術を用いるが故に極低温でしか機能しないという点です。
どれくらい低温かと言うと、約マイナス270度の世界です。
そのため、このジョセフソン素子は常に液体ヘリウムで冷却しなければなりません。
液体ヘリウムが入ってるパソコンなんて、冷たすぎて触れなくなります。
それにヘリウム自体が貴重なガスであるので、コストが高くなってしまいます。
このことがネックとなり、未だに実用化には至ってません。
しかし、日本やアメリカでは積極的に研究され、現在では液体窒素での冷却で大丈夫な素子が出来ています。
あまり違いがないように思うかもしれませんが、約70度の動作温度の向上はすごいと思います。
人からすれば、やっぱりマイナス268度もマイナス196度も変わりないかもしれませんが。
ジョセフソン素子を利用したジョセフソンコンピュータも現在開発中です。
動作環境の問題からなんと1970年から研究されながらも未だに実用化には至ってないのですが。
IT関係の進歩は凄まじいので、もしかしたら数年後に商品化されるかもしれませんね。
ヒートシンクだけで動作してるようなパソコンになるかもしれませんけどね。
見た目はなかなかシュールだと思います。

今回はここまでです。
次回はプライマリーバランスについてです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

第221回 SaaS(サース)

みなさん、こんにちは。今日はユズは高熱のため代打でフキが解説いたします。

SaaS

僕が、はじめてこの単語を耳にしたときに思ったのは何年か前に流行したSARSだと思いました。
実際に、勘違いが多いようなので、最初のころは「サーズ」と呼んでいたものが最近は「サース」と読むようになってきたみたいです。

この、SARSに似たSaaS(Software as a Service)とは何か?
日本語に訳すと「サービスとしてのソフトウェア」です。
月額、もしくは年額で一定額をソフトウェア開発会社に支払い、インターネットを通じてソフトウェアを利用するというソフトウェアの新しい販売方法です。
イメージとしては、毎月300円払って、携帯のゲームアプリを使うような感じで業務アプリケーションを利用します。

もう少し詳しく説明すると、いままでは、ユーザーは、ソフトウェアをパッケージとして全て詰め込まれたものを購入して自社内で稼動させ利用していましたが、このSaaSではユーザーは毎月(年)一定額をベンダーに支払い、ベンダー側で稼動しているソフトウェアにインターネット経由でアクセスし利用します。

SaaSのメリットは、ソフトウェアをベンダー側で稼動させることにより、ユーザ側の導入の手間が省かれる事です。企業でのソフトウェアの導入は個人とは違い、どうしても規模が大きくなります。その点、SaaSでは、ソフトウェアはベンダー側で稼動させるので、最低限の規模の導入だけですみます。

また、コスト面でも、安く仕上がる場合があります。自社内でシステムを全て運用しようと考えた場合、サーバーを自社内で動かすだけでも、導入・運用・保守にコストがかかってしまいます。しかし、SaaSでは、ベンダー側のサーバーでソフトウェア稼動させるため、これらのコストがかかりません。

もちろん、デメリットもあります。まず、インターネット環境が使える場所でないと利用できません。また、ある程度型が決まっており、全てを自分の好きなような仕様にできるわけでもありません。(過去に比べ企業努力により可用性はよくなっているようですが、自社で独自に開発したものに比べるとやはり劣ります)

しかし、わざわざ自社で開発する必要がないようなソフトウェアで、SaaSを利用するのは有益だと思われます。要するにバランスよくってことですね。

オラクル社なども開発に前向きに取り組んでいるようで、今後はさらにSaaSという言葉がひろがるのではないかなと思います。

今回はここまでです。
次回はエマージング市場についてです。

*この記事は代打のフキが書きました。

第219回 3D酔い

最近「死の瞬間」E.キュブラー・ロス著を読んでいるのですが、勉強になりますね・・
末期といった方々にヒアリングして分析している本なんですが、私が考えもしないことがあったりと考えさせられる内容でした。
ちょっと重くなってすいません。さて始めましょう。

3D酔い

3D酔いという言葉、ゲームをしている方なら耳にしたことはあると思います。
これは、3Dゲームで画面を回すことが多いゲームに見られる映像酔いで、任天堂64のマリオやFPS(ファーストパーソンシューティング)(レジスタンスやメダルオブオナー、クエイクなど)といったゲームをしたことがある人は、恐らく一度は発祥したことがあるはず。

そもそも「酔い」というのは三半規管が正常に働かなくなることで起きます。
(内耳(耳の最深部)にあり、平衡感覚を司る機関)
一方、「3D酔い」とは目で見ている光景と実際の三半規管の動きのズレにより生じます。
(例えば、飛び跳ねながら動いてるのに、自分の三半規管では感知できない→これはおかしいぞ→脳が酔いと勘違い)

原因としては、画面が小さい、部屋が暗い、疲れている、長時間プレイ~とありますが
経験としては「疲れている」と「長時間プレイ」が要因として大きいと思います。
また、気持ち悪いと感じてきた時点でやめるか休憩を取るべきです。が、無理して続けるとさらに悪化しますので気をつけてください。

症状としては
吐き気・悪心 頭痛 眩暈 冷や汗があります。
気分が悪くなってまで続けようとせず適度に休憩を入れて遊びましょう。

3D酔いしやすい人は、FPSは当然のことアーケードの機動戦士ガンダム 戦場の絆などは、気をつけて遊ぶようにしてください。

今日はここまでです。
明日はワーキングシェアです。

*この記事は月曜日担当のぐりぺんが書きました。

第184回 CMOSイメージセンサ

こんにちは。雪も降り出し、ようやく冬といった雰囲気になった気がします。
さて、私の漢字は「輪」です。
説明は本文の終わりに書いておきます。

さて、今の時代、携帯にカメラがついているのが当たり前になっています。
そして今では1000万画素搭載の携帯まで出ています。
皆さんはカタログを見て、CCDやCMOSという単語をカメラの説明部分で見たことはありませんか?

CMOSイメージセンサ
CMOS=「Complementary Metal Oxide Semiconductor」の略称で(相補型金属酸化膜半導体)という意味になります。でも、これだけじゃ何のことかさっぱりです。
なので集積回路(多数の素子(部品)を一つにまとめたもの)ととらえておいてください。

今回説明するのは、携帯やデジタルカメラに搭載されている方を説明します。「CMOS」という単語でも通じる場合がありますが、本来は集積回路自体を表し、今回説明するのは「CMOS」を用いた個体映像素子(光電変換(光→電気)を行う)です。

さて、そのCMOSの原理自体は60年代にできており、実用化されだしたの90年代に入ってからになります。60年というとベトナム戦争やIBMのSystem360という大きなコンピュータがあります。

特徴ですが、単位セルごとに増幅器を持つことで、光変換された電気信号の読み出しによる電気ノイズの発生が抑えられるという特徴を持っています。CMOSロジックLSI製造プロセスの応用で大量生産が可能なため、高電圧アナログ回路を持つCCDイメージセンサと比較しても安く、素子が小さいことから消費電力も少なく、原理的にスミア(白飛び)が発生しないという長所があります。

欠点としては、低照度(室内や夜間、光量が少ない)状況では素子そのものが不安定になりやすく、撮影した画像にはノイズが多くなる傾向があということです。

利点として、CMOSイメージセンサはCCDイメージセンサに比べるとより汎用の半導体製造装置を使いまわすことができることから供給価格が安く済みます。某おもちゃ会社が出してる、トイカメラや1万円でお釣りが来るようなビデオカメラなどの分野で盛んに使用されています。特にビデオチャットなどで用いられるいわゆるWebカメラはそのほとんどがCMOSを搭載しています。

携帯のカメラをほとんどはCMOSイメージセンサですが、カメラを売りにしているCCDを採用しています。しかし、何万画素と画素数が上がってもレンズや処理ソフトが改善されないことにはあまり期待でき無いと思います。それに性能あがると、コンパクトデジカメとか売れなくなると思うのは私だけでしょうか。

長くなりましたが「輪」の説明をしたいと思います。
今年の夏を盛り上げた北京オリンピックです。
ソフトボール女子が優勝したのは記憶に新しいと思います。私も見ていたので、あのときの感動は覚えています。他にもレスリング・柔道・水泳・・・良かったですね・・
ですが、開催までに紆余曲折があったのを覚えています。大気汚染を防ぐため、労働者を無視した工場停止や車の規制、海洋汚染の藻や、禿げ山をペンキで塗ったり、スーダンやチベット。
人ごとでは無い問題が多く出てきて考えさせられました。
今回のオリンピック良い・悪い意味でも勉強になりました。

明日のテーマはマネーロンダリングです。

*この記事は月曜日担当 ぐりぺん が書きました。
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。