FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第301回 DTM

ついにCWMも300回突破しましたね。そして次回からCWMが変わります。
今回のお題は

DTM

最近、特にインターネットをよく利用する人は一度は聞いたことがあるかもしれません。
有名なものでは「ドイツツーリングカー選手権」がありますが、今回はレースのことではないのでそちらではありません(笑
DTMとは「Desktop Music」の略で、いわゆるコンピュータ音楽です。
コンピュータと電子楽器を接続して演奏したり、音楽制作を行う事を指します。
MIDIという規格を用いて音楽を作ったり、様々な音を組み合わせる等、表現方法は様々です。
いろんなことに応用できるコンピュータを利用してることの表現のバリエーションですね。
趣味性の高い分野ですが、プロの作曲家も使う手法です。
アマチュアからプロまで幅広く使われている現代音楽ではポピュラーな手法ともいえます。
シンセサイザーなどが登場すればそれはほぼDTMでの楽曲だと思って間違いないでしょう。
特徴としては、楽器のノウハウがなくても、つまり楽器が弾けなくても音楽が作れるということです。
「キーボードなんて弾けない!でも音楽作りたい!」という人にはまさにうってつけと言えます。
楽器が弾ける人でも、自分の演奏する楽器以外をコンピュータで鳴らすことによって、自分一人でもバンドを作ることが可能となります。
DTMといえば、もはや説明不要といってもいいのが、初音ミクですね。
このソフトの存在により、DTMは知名度を一気に上げたと言っても過言ではありません。
初音ミク自体も、DTM界で異例の、空前絶後ともいえる大ヒットを記録し、様々なジャンルに進出するようになりました。
元々は、一つのDTM用ソフトとして登場しましたが、今までボーカルが作れなかったDTMに革命を起こしただけでなく、ゲームや漫画界にも進出するとはまさに恐るべき存在ですね。
これによってDTMを知った人もいると思います。僕もその一人ですので。
リンクに張られている同大学のDTM研究会も初音ミク等をいろいろ研究しています。
ぜひそちらも見に行ってください。
プロとアマの垣根をなくす、趣味としてだけで終わらない趣味としてDTMは音楽界に広まっています。

今回はここまでです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。
スポンサーサイト

第285回 DVI

日中は暑いですが、夜はまだ涼しいですね。
今回のお題は

DVI

DVIとは「Digital Visual Interface」の略で、前回の解説にも出てきたHDMIと同じく映像系のものです。特にディスプレイなどに良く使われている規格で映像データを無圧縮で送ることが出来ます。
HDMIとほとんど様式は同じなので、部分的にではありますが互換性があります。
大抵こういう規格には互換性がなかったりするのでその点は助かりますよね。
シリコンイメージ社がDigital Display Working Group (DDWG)という組織の元で開発をしたものです。
HDMIも開発はシリコンイメージ社でしたね。映像系に強い会社のようですね。
180px-DVI_Connector.jpg

このコネクタの形を見てどんなものか分かった人もいるかと思います。
PCのディスプレイにはCRTの時代から現在に至るまで使われているので、見る機会は多いです。
PCの裏側を覗くと画像のようなコネクタが見られると思います。確かめてみて下さい。
この規格はアナログ、デジタルのどちらでも対応が出来るように設計されており、非常に便利な規格です。
実際はコネクタの形状が微妙に違うのですが。
それとあまり採用例はないですが、高解像度用に2つのコネクタを持っているものもあります。
そういうタイプはデュアルリンクと呼ばれています。
形状は先ほどのフルサイズの他にラップトップ用のミニサイズのものや、MacBookAir等に使われるマイクロサイズもあります。
HDMIの方が利点は多いのですが、日本においてはこちらの方が普及しています。
さて、今後HDMIと交代するのでしょうか。
それとも根強く残るのでしょうか。今後に期待です。


今回はここまでです。
次回は劣後特約付貸付です。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

第270回 デジタル

少しづつ暑くなってきました。そろそろ人も車も熱ダレの時期です。
今回のお題は

デジタル

最近はアナログと対抗する技術みたいに言われて注目を集めていますね。
特に地上デジタル放送の普及でより注目を集めることになりました。
デジタルとは何か、ということですが、皆さんもご存知の通り離散的、つまり数値を指折りで数えるような整数値で表すことです。
デジタル時計を思い浮かべれば分かる通り、アナログ以上の規則正しさで動いてますね。
連続的に表すアナログのように0秒と1秒の間の瞬間がありません。
アナログ時計でも秒針が断続的に動くタイプがありますが、あれも動きだけを見ればデジタルみたいですね。
デジタルの強みは劣化のしにくさにあります。
ノイズなどが入っても、たとえば整数値のデータならノイズが0,1などの少数値で混入しても無視されるので結果的にノイズが解消されるわけです。
融通が利かないようにも見えますが、データとしてはこちらのほうがいいですね。
0と1で表現することをデジタルという人もいますが、整数のような離散的な処理ができればデジタルということができます。
そろばんもアナログと思われていますが、実はあれも離散的な処理なのでデジタルなのです。
なんだか面白いですね。
デジタルの「劣化のしにくさ」というのはデータ保持という点では特に重要です。
映像メディアがVHSからDVDやBDに移行してきたのも画質ではなく保存性のよさにあると思います。
実際レコードとCDの音質と同じで、柔らかさが出るVHSは映像によってはDVDよりも画質が高いことがあります。
古いアニメなどでは特にVHSがマッチします。
しかし、VHSは劣化しやすいので、理論的には半永久的にデジタルで保持ができる光メディアに取って代わられました。
デジタル化は映像のほかにも様々な分野で応用できます。
たとえば音楽用の楽譜はMIDIやMMLといったものでデジタル化できますし、画像もjpegなどがありますね。
より長く保存したいデータはデジタル化した方がいいですね。機材的に見てもアナログのものが減りつつありますし。
PCでももはやFDDは見かけなくなりつつありますし、紙テープにいたっては僕は見たことないです。
保存性に優れたデジタル。将来はアナログの存在を知らない人も出てくるかもしれません。
アナログも完全になくなるわけではないでしょうが、アンダーグラウンドな存在になりそうですね。
アナログがなくなると寂しい気もしますが、デジタルの方が使いやすいのは言うまでもありません。
今後のデジタルvsアナログの動きを要チェックです。

今回はここまでです。
次回はまだ未定です。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

第202回 テクノストレス

こんばんは、今回ヨコショウさんは病欠ということになり、マッサーカがバトンを受けます。

今回のお題は

テクノストレス

テクノストレスとはコンピュータやOA機器等を扱うことが原因で起きる、精神的な失調症状の総称を言います。

大きく分けて

1.コンピュータ(または関連した社会)に適応できないために生じるテクノ不安症
2.コンピュータなしでは生活が成り立たなくなるテクノ依存症


に別れ、これらとはまた別に
3.ディスプレイを長時間使用することでおこるVDT症候群
等があります。


 1は、コンピュータを扱うのが苦手な人が無理をして使ううちにストレスを感じ、体調を崩してしまう症状をいいます。酷いときには動悸、息切れ、肩こり、めまいなどの自律神経の失調や、鬱状態を引き起こします。
 これは、急速なIT化への波によって、仕事上パソコンを使わなければならなくなった、中高年ホワイトカラーに多い症状です。
 コンピュータ・テクノロジーを受け入れようとする際のあがきに起因するものであり、その苦悶が先ほどの症状を引き起こしました。
 一時期、ゴールデン放送のドラマでも題材に描かれており、その問題の深刻さが伺われました。

 しかし今現在は、その世代もすげかわり、便利・使いやすくなったことにより、逆に依存症になる傾向へ向かっています。

 さて、1とは逆のパターンである2についてです。
 2は、性格傾向に、執着気質・こり症・完全主義・二者択一思考・生真面目・人嫌いなどがあげられます。コンピュータ愛好者によく見られる傾向があります。
このような人は、長時間コンピュータ作業に熱中するために、いろいろな心身の障害をきたすようになります。
 例えば1.自分の限界がわからなくなる2.時間の感覚がわからなくなる3.オン/オフ式の対話しかできなくなる
 これらは1.コンピュータに向かう時間を制限する2.頭の疲労を早くキャッチして休憩、休養をとる3.積極的に感情を出すようにする等が挙げられます。

 最後に3についてですが、
 3はディスプレイを長時間見たり、ディスプレイ→書類→キーボード→ディスプレイなどめまぐるしい視点の変更により、まばたきが四分の一になり、ドライアイ・眼、肩、腕などの筋肉の緊張からくるこりがでます。
 日本人は一重が多い理由に寒さに耐えるためというものがあり、人は瞳をあける筋肉はこめかみ辺りから首にかけての肩まで筋肉を総動員させています、日本人はすぐに瞳を閉じるために二重から脂肪の少ない一重になりました。
 つまり日本人は比較的ドライアイによる肩こりがおこりやすいということになります。

 テクノストレスは急速なIT業に対し、その対処法がしっかりとしていないためにおきた現代病です。
しかし、健全な形で適応な対処をすれば改善することが可能なものでもあります。
 ゲーム、大型薄型テレビ、ケータイなど若者に対し早熟ともいえる情報化の馴化に反し、このような現代病を見落とし続けるのはちょっとよろしくないかもしれません。
 僕も時間配分をしっかりとして、ITに使われるのではなく、使うようにこころがけたいです。


今回はここまでです。
次回はEU についてです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウさんに代わりマッサーカが書きました。

第197回 DVD

昨日エアコンを間違えて冷房にしてつけっぱなしで寝てしまったせいかちょっと体調が悪いです。
みなさんはこんなミスのないように気をつけてくださいね。

DVD

はい、今日のお題はDVDです。まぁそんなに詳しい説明はいらないと思いますが情報媒介としてDVDがでてきて飛躍的に技術は進歩したなーって感じたのを思い出したので色々掘り下げて説明してきます。

DVDは記録媒体である光ディスクの一種です。使い方はCDといっしょですが記録容量ははるかに大きく、CDでは不可能だった長時間映像の記録ができるようになり、今ではビデオテープを超えた映像記録の主要メディアと位置づけられています。今ではレンタルビデオ屋にいったら半分以上はDVDになっています。

DVDははじめから多目的なディスクとして設計されていましたが、普及が進む過渡期にはDigital Video Discの略称であると広まりましたが、現在、DVD-ROM、DVD-Audioなど、動画以外でも普及が進んでいることからわかるように、何の略ではなく、固有名詞として「DVD」である、もしくは、Digital Versatile Disc(デジタル・バーサタイル・ディスク|デジタル多目的ディスク)の略であるとされています。

多目的なディスクとして設計されていたと言うことから様々な用途に使え、規格の種類も多くあります。DVD-Video 、DVD-Audio。読み出し専用のDVD-ROMに書きこみ、書き換え可能なDVDとして一度だけ書き込めるDVD-R、ほとんどのプレーヤーで再生と書き換えが可能なDVD-RW、フラッシュメモリーのように使用可能なDVD-RAM、DVDフォーラムではなく、DVDアライアンスが制定したDVD+R/+RW などがあります。

DVDが普及したおかげでかなり世の中が進歩したと思います。そして多分ちょっと先にはもっと進歩するでしょう。それが怖くもあり楽しみでもありといった感じです。
では今日はここまでで失礼します。
明日のテーマはワードサラダです。
今日の記事は日曜担当のカズが書きました。

ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。