スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第288回 メッシュネットワーク

すいません、手違いで公開が遅れてしまいました。

メッシュネットワーク

メッシュネットワーク(mesh network)
無線LANなどの技術を駆使して、ネットワークを網目状に広げていくというものです。
メッシュは網の目状という意味ももっています。

どのようなものかというと、例えば携帯電話のアンテナは大きな基地局で全てをカバーするようにできていますが、
より高速で対象範囲の狭い無線LANネットワークをメッシュ上に隙間なく埋めることで、
短期間、低コスト、および高速ネットワークを作成することが可能にするというものです。


【メリット】
・到達距離の短縮より、アクセスポイントの相互干渉問題を解決。
・アクセスポイントにぶら下がるPCの数が減り、PCとアクセスポイントの距離も短くなるために、無線LAN本来のパフォーマンスが出せる。
・アクセスポイントの出力が減らせるため、省電力化が可能。
・PC側にも省電力が実現できるため、バッテリ継続時間の延命が可能。
・今までカバーできなかったエリアでも無線LANがしよう可能。
・優先LANの引き回しが最小限ですむため、インフラ整備が容易になっている。

また、LANのメッシュネットワークでは必ずしもアクセスポイントと有線LANと組み合わせる必要がなく、
何箇所のアクセスポイントさえ社内の基幹LANに接続されていれば、後はアクセスポイント同士が通信することで自動的に優先LANへのパス(道)を作ってくれるようになります。


【デメリット】
・ウイルスが発生した場合、メッシュ上である場合感染速度が従来より早く危険である。
・ひとつのアクセスポイントにアクセスが集中した場合、サーバが落ちたりする可能性がある。
・個人情報漏洩、音楽、動画などの著作をもった情報も漏洩する。
・干渉がただでさえ大きいためジャミングの問題がでてくる
・アクセスポイントを探すための高性能な選択機能が必要である。

メッシュネットワークの最大のキモはアドホック型のネットワークでいかに目的地を探せるかというところにあります。
効率的なパスを見つけることができなければ、かえってネットワーク全体の速度低下につながります。
また対象が動かない優先LANに比べて、無線LANでは状況が常に変化し、現代回ではユーザーにストレスを与えかねない代物であります。
イーサネットのスパニングツリーやTCP/IPのルーティング・プロトコルのような経路情報を管理する仕組みをいかに実装するかが今後の課題です。

今回はここまでです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。


スポンサーサイト

第254回 マザーボード

ようやく暖かくなってきました。春到来です。
そして新生活も始まります。
今回のお題は

マザーボード

マザーボードとは、メインボードとも呼ばれ、その名の通りコンピュータの一番重要な回路基板です。
このマザーボードには性能を左右するチップセットをはじめ、各種コネクタやソケットが搭載されています。
そのソケット類にはCPUやメモリなどが装着され、文字通りコンピュータの核となります。
また、設定を保存するための小型バッテリーや警告音を発する小型スピーカーも搭載されています。
これそのものがパソコンとも言える回路がマザーボードということです。
ちなみに、マザーボードはwindowsでの呼び方で、Macではロジックボードと呼ばれます。
普通のユーザーは目にすることはありませんが、パソコンを自作する人にはお馴染みです。
一番重要なものですから、マザーボードを交換するということはパソコンを人に例えると別人格にしてしまうのと同じくらいのことです。
今のパソコンが気に入っていればむやみにマザーボードを交換しない方がいいですね。
マザーボードにはたくさんのソケットなどがありますが、これに接続する装置によってパソコンの最終的な性格が決定します。
ですから、マザーボードが用意できれば自分の好きなCPUやHDDを接続することにより、自分好みの動きをするパソコンに仕上がってくれます。
まるで育成ゲームですね。
その育成ゲームのシステムに当たるのがマザーボードです。
しかし、マザーボードにも規格はたくさんあり、それに合った装置を接続しないといけません。
例えばインテル社製のマザーボードにAMD社製のCPUを取り付けようとしても、ピン数など形状の違いにより、装着することすらできません。
きちんとメーカーや規格などを確認することが必要ですね。
このようにパソコンそのものを変えてしまうマザーボード。パソコンに詳しい人なら育成ゲームで自分好みのキャラクターを作る感じで作ってるんでしょうかね。
自分だけのパソコン。できれば僕もやってみたいです。


今回はここまでです。
次回はタックスヘイブンについてです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

第193回 ミューチップ

今年は、社会人になるコツを身につけたいものです。

ミューチップ

ミューチップって何?
日立が2001年に開発したICチップのことです。これまでにも数多くのICチップがありましたが、今回開発した超小型無線自動認識ICチップ”μ-Chip”は大きさが僅か0.4mm×0.4mm(シャーペンの芯の太さを考えると分かりやすい)ほどで米粒よりも小さく、あらゆる素材への装着が可能。そして、ミューチップには38桁の数字(=ID)が記録されており、製造時点でIDを書き込みます。ユーザーがIDを書き換えることはできませんが、IDには10の38乗のパターンがあるため重複することはまずありません。セキュリティとしてもバッチリですね。ちなみに、リーダーからマイクロ波を使って機能するので電力は必要ありません。後継としてさらに0.1mm小さい”μ-Chip Hibiki”があります。

何に使うの?
在庫などの商品管理・防犯用のラベルタグ・社員証などの証明書、・・・などなど。管理方面やセキュリティに大きな力を発揮します。

ミューチップ実用例
2005年に行われた愛・地球博では偽造チェックとして入場券に埋め込まれて使用されました。
他、図書館では本を管理するためにチップを採用しているところもあります。小型で取り外すことはほぼ無理なので持ち出し禁止に、そして端末で本の情報を知る・全自動で貸し出しも可能…となっているそうです。

○これからのチップ(予想)
まさにSF映画から飛び出してきたようなチップですが、管理という点で、例えば物理的に線を読み込む”バーコード”とは一線を画すモノとして今後発展していくのではないでしょうか。

スーパーマーケットで例えると…
・新聞の折り込みチラシ
商品写真をスキャンすることで、商品情報や値段や栄養素を知ることができます。「今日は大根がお買い得ですよ、奥さん!」の声つき。

・今日の素材のカロリー総計算
メタボメタボとうるせえ世の中で、嫌でも栄養素は気になるもの。そこで買い物カゴにメーターが装備し、商品を入れることで今回の買い物の栄養情報が瞬時に表示されます。ついでに値段も表示されるので、「今日は3000円まで」といった使い方も可能。

・買い物はカゴをレジで通すだけ
商品にICチップを埋め込むことにより、毎週火曜日のピンクレシート目当に長い間並ぶこともなくなります。問題は生鮮食品。

・お金はIC付きプリペイドカード
カバンに入れてあれば自動で清算。出口にレジを設置すれば万引き防止にも一役買うでしょう。

・プリペイドカードとポイントカードが一枚共通
もう分厚いお財布なんて必要ありません。これからはカードケースの時代です。お守り型カードケースがバカ売れします。

・冷蔵庫とリンク
家に持ち帰って冷蔵庫に入れると、ICを自動で読み取った冷蔵庫が賞味期限を把握。「この牛乳、賞味期限に近いですよ!」と教えてくれます。これでもうお腹を壊すこともありません。

最後のほうはちょっと暴走しましたが、新たなるビジネスの匂いがします。これから流行ることに期待しましょう。

今回はここまでです。
次回は排他制御 についてです。

*この記事は水曜日担当のユズが書きました。

第165回 マジコン

喉痛し
インフルエンザの
季節かな

字余りでした。ごめんなさい。

マジコン

*この記事はマジコンの使用を推奨したものではありません
*ROM…ゲームソフト(カセットやディスク)からゲームのデータを抜き取ったデータの事を指す

現在ニンテンドーDSをお持ちの方は、どこかで聞き覚えのある言葉でしょう。一般的に”マジコン”とは「違法にROMを入手し、それにコピーすることで遊ぶことが出来るソフト」という認知がされている方が大半だと思いますが、それは大きな間違いであり、本来は”バックアップ”を目的としたものです。

マジコンとは?
これの元になったツールがあります。それは、スーパーファミコンのバックアップやセーブデータの保存に使われた「マジックコンピュータ」です。これも確かにROMさえあればカセットが無くとも動くのですが、マジコン自体が”マニア向け”という印象が強いうえ、インターネットの通信代もバカにならない時代(従量課金制で3分10円とか)。ROMの流通もほとんどなく、マジコンという言葉は一時消えました。

時は流れて2007年。ニンテンドーDSが爆発的人気を博し、インターネットも光の時代へ到達した頃、ついにマジコンに目をつけられてしまいます。基本的な機能は前述したマジコンとほぼ同じなのですが、ROMが外国のサーバーを通じて誰にでもダウンロード出来るようにした結果、以前のような”ROMをバックアップ”という目的から”ダウンロードしてタダで遊ぶ”という目的にすり替わってしまったのです。…とはいえマジコン本体が無ければどうしようもないのですが、通販やパソコンショップなのどで大々的に売られた結果、アッというまに普及してしまいました。正直、近所の電気屋で売っていたのはショックでした。

マジコンの違法性
前述したように、マジコンは“バックアップ”を目的としたツールですので、違法性は今のところありません。ただ、現在マジコンのありかたについて協議されており、今後は著作権法違反の幇助にあたる可能性があります。ROMについてですが、どうあがいてもアップロードは100%違法です。ダメ、ゼッタイ。ただしダウンロードに関しては、「実際に持っているソフトであればOK」という考え方がなされています。しかし実際はグレーゾーンなので、できるだけ手を出さない方が賢明でしょう。著作権をナメてかかるとマジでヤバイです。「知らなかった」とか「ムシャクシャしてやった」とか言い訳はやめましょう。

”気軽さ”・”罪の意識の希薄さ”
人は誰だって合理的です。かさばるゲームソフトをガッチャガッチャと持ち歩くよりは、一つに収まっていた方がすっきりします。タダで貰えて楽しく遊べるのなら嬉しいに決まっています。それは人間本来の考え方なので否定はしませんし止めることはしません(できません)。
ただ、いくらタダだからと言って、それを全面に押し出し「(マジコン代は)払ったから好きにさせろよ!」とか「俺はマジコン使いだぜ!」と驕るのはやめましょう。

最後に
納期に迫られながら連日徹夜で素晴らしいプログラムを組んでいる方のためにも、そういうものはきちんと購入しましょう。彼らがいなければソフトを作ることは出来ないのですから。

明日はワンストップサービスについてです
この記事は水曜日担当のユズが書きました

第162回 モデム

こんばんは、今日も寒いですね。文字を打ちこむ指先がとても冷たくなってます。
早く冬が終わってくれるといいんですが・・・。
まぁそれはおいといて記事の紹介に移りましょう。

モデム

はい、今日のお題はモデムについてです。モデムは一般的にはWAN空間とLAN内部との「電気的な信号形式を相互変換する」とされています。
ちなみにWANとは一般には LANの対義語として使われ、公衆回線上でのネットワークを指す言葉です。

上記での端的な説明では理解しづらいと思うので簡単に説明します。モデム装置は公衆電話回線上などとコンピュータ間のデータ変換装置です。
コンピュータ通信のデータは電話回線上を流れているときと、LAN上で ホスト機 間を流れているときとでは、その信号の形が異なってくるそうです。
なぜ公衆回線とLANで信号の形が違うのかというと、公衆回線では速度は遅くても構わないので長い距離を通信できるように、LAN上は短い距離しか通信できなくても構わないからを高速で流れるように、という具合にしたほうが都合がよいためらしいです。

正確にいうと、モデムという機器は、一般電話回線上を流れるアナログデータと、LANを流れるデジタルデータを相互に変換するものを指します。なので公衆回線上でもデジタルデータになっている場合に用いるデータ変換器の場合は、本来モデムとは呼びません。
しかし、それらの接続形式に用いる変換装置の役目が「モデム」と同じ場合はひっくるめて「モデム」と表現されるようになっています。

インターネットに利用される公衆回線には、上に挙げた以外にも無線方式や通信衛星方式などがあります。また、比較的古いマンションなどでは VDSL と呼ばれる方法で提供されることもあります。これらの接続に使用する機器も、広い意味で「モデム装置」と解釈します。

今日はここまでです。
明日のテーマはフルHDです。

*この記事は日曜担当のカズが書きました。
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。