FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第237回 ワークステーション

春以上の陽気が続いたと思えば、いきなり雪が降ったり。
地球が人間に反撃にかかったのでしょうか。対応しきれません。

今回のお題は

ワークステーション

ワークステーションとは、業務用に使用される高性能なコンピュータのことです。
業務用なのでCAD、グラフィックデザイン、事務処理等に特化しています。
大きさは普通の家庭でよく見られるデスクトップPCよりも少し大きいくらいです。
ワークステーション持ってる人がいても普通の人は標準的なPCだと思うでしょう。
一昔前はマルチタスクなどのGUIやネットワーク機能、高解像度で当時のPCと比べるとかなりの高性能でした。
しかし、これもwindows95の登場によって家庭用PCとの性能差は小さくなりました。
ワークステーションのなかでも特にCAD用などの高性能なものはEWS(エンジニアリングワークステーション)と呼ばれ、専用のソフトおよびハードが搭載されています。
大きな会社などでゴツいPCがあれば、それはほぼこのEWSでしょうね。
ネットワークの大きいところでは、ワークステーションは端末として使われることがあります。
この時、入力用にPCが接続されているものもあります。
ワークステーションは拡張性が高く、専用設計のマザーボードなどを簡単に組み替えることが出来ます。
しかし、BIOSが普通のPCと異なるために、ワークステーション用のソフトなどは使えない場合が多いです。
ちなみにOSはUNIXが主流でしたが、windowsNTの登場でwindows系のワークステーションも増えてきました。
現在では、ワークステーションの境界線は曖昧になっており、64ビットPCでもワークステーションと呼ばれることがあります。
64ビットPCはけっこう持ってる人も多いですね。普通は32ビットですが。
高性能と言えば、昔はワークステーションでしたが、今ではノート型PCとデスクトップ型PCの性能差が小さくなっているように、ワークステーションとPCの性能差も小さくなりつつあります。
ワークステーションのメーカーは独自のシステムなどでPCとの差別化を図っているそうです。
昔の人から見れば今はノート型PCでも当時のワークステーションと同じ性能を持っています。
時代の、特にIT関係の進歩は凄まじいものがありますね。
乗り遅れないようにするのがやっとです。

今回はここまでです。
次回は公開市場操作についてです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。
スポンサーサイト

第198回 ワードサラダ

雪も降り出して、学校に行くにも支障がきたすようになりました。
皆さんも滑らないように気をつけてください。

ワードサラダ

ワードサラダとは 一見文法的に正しいように見えるが、単語をでたらめに並べたもので意味が通らない文章のことです。
主にスパムメールに多く見られていて、この言葉の由来は統合失調症の患者にみられる言語障害(Word salad、言葉のサラダ)に似ていることからきています。
さて例を挙げたいと思います。
以下の2つの文章があったとします。
「今日はカレーを食べたので、明日はラーメンをすすりたいです」
「今日は富山に行ってきました。明日は石川に帰ります」
これをくっつけると・・・
「今日は富山を食べたので、明日はラーメンに帰ります」と支離滅裂な文章になります。
私たちがこれを見たら、明らかにおかしいと感じますが、パソコンは文章の意味を完全に把握することは出来ないので、自然文とワードサラダを区別できずに、スパムメールのフィルタを通過してしまう。

生成法はソフトで自動で行われ、ネット上にある単語をダウンロードして、文法的には正しくても意味的にはめちゃくちゃな文章ができるということです。
そして、メールの本文にコピーされたりしていくわけです。

また、検索結果にもまま見られるので、うかつにクリックはしてはいけないです。
なぜなら
こういうのはアダルトサイトやアフィリエイトやウィルス感染を目的としている物ですので気をつけてください。

本日はここまでです。

明日のテーマはグレシャムの法則です。

*この記事は月曜担当の ぐりぺんが書きました。

第171回 WEP

政府の教育再生懇談会が小中学生の携帯学校持ち込み禁止の提言素案を来年一月に麻生太郎首相に提出するそうですね。
確かに、携帯を使った(厳密にはインターネットですが)誹謗中傷や、出迎え以外の通信など学校に持ち込む目的用途以上の事をしてますが、その対処には情報倫理についてよく教えれば大丈夫なんじゃないかなーとか思いました。 まる。

WEP

WEPはwired equivalent privacy(有線と 同等の プライバシー)の略であり、
無線LANなどに使われる暗号技術の名称です。

無線通信は傍受することが容易であるため(ラジオの電波を拾うくらい楽です)
送受信されるデータ(パケット)を暗号化し、内容を知らせないようにしなくてはなりません。

この暗号は、無線を行うには必ずと言っていいほど、施さなければならない技術です。
以前IEEEa/b/gについて記事を書きましたが、その中で一番普及しかつセキュリティが危ないといわれいる、IEEE802.11bに採用されています。

そんなWEPですが、
CSS2008(コンピュータセキュリティシンポジウム2008)において、WEPを一瞬にして解読する方法が発表されました。
これは、WEPの暗号事態そのものが使い物にならないというくらいのものです。

英SophosはWEPの使用禁止を呼びかけている程の危機なのですが、日本の59%の企業はいまだにWEPを使っており、
完全移行は少々難しいです。


地上デジタルのようにおおっぴらにはできない情報なので、なるべく密に、WEP比率を0にしなければならないでしょう。
ちなみに私もこの情報を受け、自宅の暗号形式をWEPからAESに変えました。


参考リンク:
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/10/09/21123.html
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080722/311277/?ST=nettech&P=2
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081013_wep_morii/


今回はここまでです。
次回はアクティベートについてです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。

第166回 ワンストップサービス

こんばんは!! 新型の鳥インフルエンザには抗体がなく、他人事ではない状態です。皆さんもお気を付けください!!

さて、今日のテーマは

ワンストップサービス

ワンストップサービスとは、一度手続き(相談、依頼など)を行うだけで、自分に必要なサービスや、手続きなどの作業を事業者達(弁護士、税理士、司法書士など)が完了させてくれる大変便利なサービスです。
事業者一人に相談するだけで、事業者側が様々な専門家を呼び、一丸となって消費者(相談する側です)の作業を解決してくれます。
故に、ワンストップサービスにいつでも応えられるよう、事業者たちは同じフロアに事務所を構えています。

具体例(弁護士、税理士、司法書士担当の問題です)を挙げるとするなら

①借金がかさんでしまい、生活や会社経営が苦しい状態にある場合
  
<弁護士>
借金解消の方法についてのアドバイスを行います。
破産や民事再生(経営が悪化した企業を倒産させずに再生させるための法律です)、任意整理(弁護士が債権者と交渉して、借金の減額や返済方法を決めて、和解させて約3年間で借金を返済していく法律です)のお手伝いができます。
  
<司法書士>
弁護士と同様に、民事再生や任意整理のお手伝いを行い、生活保護の申立方法についてアドバイスいたします。
  
<税理士>
会社経営の立て直し方法について相談を行います。

②会社をつくりたいと考えているが、会社を経営していますが困ったことが生じてしまった場合

<弁護士>
会社の組織設計についてご相談を行います。売掛金や他社とのもめ事など経営問題についてアドバイスを行います。
  
<司法書士>
会社をつくる際の様々な手続きについて、設立登記を含めてお手伝いすることができます。役員変更登記など、経営に必要なご協力をいたします。

<税理士>
帳簿作成のアドバイスや確定申告のお手伝いを行います。健全に経営するためのアドバイスができます。

③自分の老後が不安であり、 認知症(体験した全ての事を忘れていたり、最近の出来事の記憶が無かったりと、これにより社会生活が困難になっていく病気です)になった高齢者の親族がいたりする場合

<弁護士>
本人の意思に従って遺言作成のお手伝いが行います。自分の死後に、遺言に従った内容を実現するために遺言執行者になることもできます。現にトラブルが生じている場合には、代理人として交渉もいたします。

<司法書士>
弁護士同様、遺言作成のお手伝いができます。認知症の方の財産と生活を守るため、成年後見申立のお手伝いを行います。
実際に後見人となってお世話をすることもできます。今後認知症となった場合のために、任意後見契約(精神上の障害(この場合、認知症です)によって判断能力が十分でなくなり法律行為(売買や賃貸の契約など)を行うことが困難となってしまった人のために、後見人や補助人、保佐人が法律行為を行うことの助力をする制度です)を締結するお手伝いを行います。

<税理士>
相続にかかる税金についてご説明いたします。節税対策についてもアドバイスできます。

また、ワンストップサービスは住民票を移す際に、転出の届出と転入の届出とを同時に行えるようにするワンストップ行政サービスと呼ばれる行政手続きを一括で行っているこちらを指す場合が多いです。

このように、このように、ワンストップサービスは、自分の困った作業(大きな事、些細な事関係なく)の内容に応じて、事業者が解決のために協力を惜しまず行ってくれます。

自分自身の将来は、ワンストップサービスに協力していただきたいですね。

次回はVR についてです。

この記事は木曜担当のジュンが書きました。


ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。