スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第308回 7パーセント

いよいよWindows7が発売になりましたね。
7を求めて秋葉原に行列ができたそうですから、期待されているのかもしれません。

7パーセント

今日のテーマは、7パーセントです。
皆さんは、7%という数字にどのようなイメージを持つでしょうか。いろいろなイメージを持つと思いますが、実は7%という数字は、非常に重要な意味を持ちます。
7%を複利(利息にも利息がつく)で計算すると、10年で約2倍になります。
「7%で10年で2倍」と覚えておくと、複利の計算が簡単です。
たとえば、28%の利息でお金を借りたとします。28%は7%の4倍ですから、借りたお金が2倍になる速度が4倍、つまり、10年の4分の1の期間で2倍になるため、2年半で2倍のお金を返さねばらならなくなります。

現在の中国の経済成長は年換算で8.9%です。これを当てはめてみると、大体10年(正確には約8年)で現在の市場規模の2倍になる計算です。
中国の経済成長の勢いがわかりますね。

この記事は、ことが書きました。
スポンサーサイト

第306回 円高

急に寒くなってきました。風邪を引かないように、うがい手洗いを徹底しましょう。

円高

今日のテーマは円高です。
円高の意味と、円高が良いのか悪いのかについて、私なりの意見を述べたいと思います。

円高はご存知の通り、円が外国の通貨に比べて高い状態にあることを言います。例えば1ドルと円を交換する場合、今まで1ドルを100円と交換していたものが、ドルの価値が下がって1ドルを90円で交換できるようになった場合、相対的に円の値打ちが上がったことになります。この状態を円高と言います。

円高のデメリットとしては、輸出する場合に日本の製品が、外国から見て高くなることです。例として100万円の車をアメリカに売っていた場合、1ドル=100円のレートならば、アメリカでは1万ドルです。しかし円高になり、1ドル=50円のレートになると、アメリカでは2万ドルで売られることになります。同じ性能の車であれば、2倍の値段になったらアメリカ国民は日本車を買いません。このように、輸出の面からみると円高は良くないと言えます。

それに対し、円高のメリットを挙げてみると、外国の製品が安くなることです。例として1万ドルの原料をアメリカから仕入れる場合、1ドル=100円なら100万円ですが、1ドル=50円なら50万円で済みます。このように、輸入の面からみると円高は良いことだと言えます。現在石油が高くなっていますが、原油もドル建てですから、もし円安になってしまうと、今以上の値段になって、車に乗れなくなってしまいます。
また、日本の物の値段が相対的に高くなるため、外国のハゲタカファンドなどの餌食になりにくいというメリットもあります。

これからの日本は日本独自の技術を用いた製品を作り、高くても買いたいと思えるような製品を作らない限り、生き残れないのではないかと思います。金融中心ではなく、モノ作り立国として発展できるような政策を期待します。

この記事は、ことが書きました。

エンプロイアビリティ

  こんばんは おっくんです
 
  そろそろ3年生の就職活動が始まります、私も気になっています
  なぜなら、このご時世の社会状況によって有効求人倍率が過去最悪なまでに
  悪化しました。そんな中で「自分はこの企業(会社)に向いているのか」や
  「企業の中でうまくやっていけるのか」や「就職がうまくいくか」など気になると思います。
  そんな中で話題に上るのが(?)エンプロイアビリティという言葉です。
  この言葉の意味は、Employ(雇う、雇用する)とAbility(能力)の造語で
  「雇用されうる能力」といいます。従来までは、転職や就職活動のさいに、自分がその企業に
  向いているかやを示していましたが、最近では現在勤めている企業において、「雇用され続ける
  ことができるほどの能力」があるかという意味でもこの言葉が用いられます。
  要するに、ビジネスパーソンとしての価値を示します。
  また、企業にとっては、この値が高いほど優秀な人材となり、企業の発展に貢献することになり
  企業側にもいいでしょう。また、自らも「雇用」について考えていきたいです。
  
  3年生の皆様へ、就職活動頑張ってください。
  
  

お知らせ

皆様方には、平素はCWMを見てくださりありがとうございます。

今月に入り、こんぴ研のメンバーの変化をうけ、CWMの更新方向を一新することをお知らせいたします。

前回までは経済・ITについて用語の説明などを行っていましたが、
9月からは毎週日曜日にパソコン等についてのコラムを掲載してく方針に定めました。

しかし、経済・IT用語に関する受付は継続し、
次週までに用語説明を行いますのでどうぞ気兼ねなく送信してください。

これからもCWMをどうぞよろしくお願いいたします。


火曜担当 マッサーカ

第299回 I/O

夏休みといえど今年はやる事多し。やっぱり学年上がると違いますね。
今回のお題は

I/O

コンピュータに興味がある人は、周辺機器で有名なIOデータという企業が頭に浮かぶかもしれませんが、今回は関係ありません。。
多分、この企業の「IO」の部分はここからきていると思われますが。
I/OというのはInput/Outputの略で、この時点で分かる通り入出力のことです。
特に情報処理においてはデータおよび情報をやり取りし加工などを行うプロセスでの前処理と後処理として考えられます。
つまり、情報処理においては入出力がある事によって処理が完結しうるものであると考えられています。
コンピュータの分野においても制御・演算・入力・出力・記憶の5大機能と呼ばれるものの中に入出力が入っていますね。
このことからコンピュータに関連した分野では特に重要な役割を担っていると言えます。
情報処理やデータ加工の技術がどんなに優れていても、入出力に不備があったりすれば、全てが台無しになってしまう事もあります。
コンピュータでは入出力にI/Oポートというインタフェースが用いられますが、そのポートに専用のメモリ空間を充てるなど、開発側のこだわりを見ても、入出力がいかに重要かという事が分かります。
例えば、音楽のデータを例に取ってみますと、とても高音質なデータがあったとします。
伝送の間に劣化もなく、最高の音楽を提供できるデータであっても出力するスピーカーがショボければどうにもなりませんよね。
どんなに音が良くても、最終的なOutputを行う装置の性能が劣るようでは全てが台無しですね。
入出力においては、コンピュータ関連企業がより劣化の少ない技術の開発に力を注いでおり、様々な規格があります。
一般的に良く使用されるUSBやIEEE1394、PS/2など様々なものがありますね。
パソコン一つを見ても様々なポートがあってどれがどれなんだか把握する必要があるほどです。
コンピュータや情報処理に限らず、人間においてもI/Oはとても大切です。
情報のInput/Output。これがしっかりできてこそ一流と言えると思います。
様々な分野で重要な役割を担うI/O。とてもおろそかにはしてられませんね。
最初は試しにパソコン用にいいヘッドフォンを買うといいかもしれません。
入出力の大切さが分かると同時に、本来の音が聞けて一石二鳥です。

今回はここまでです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。