FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第305回 消費性向

いよいよ秋も深まってきましたね。紅葉が楽しみになりました。

消費性向

今回のテーマは消費性向です。
消費性向とは、所得に対する消費の割合で、わかりやすく言えば給料のうち、いくらお金を使うかです。
求め方は、所得をY、消費をcとすると、c/Yで表します。
月給が20万円の甲さんが毎月16万円使っているとすると、
16万/20万=0.8が消費性向になります。
これは平均消費性向と呼ばれるものです。

これに対し、もし思いがけないお金(宝くじや給付金など)を追加的に貰ったとしたら…と考えるのが限界消費性向という考え方です。一般的に消費性向とは、限界消費性向のことを指します。政府などが政策を考える上で、とても重要になります。
限界消費性向の求め方は、Δ(デルタ:増加を表す)、所得をY、消費をcとして、
Δc/ΔYとなります。
甲さんが100万円を貰った時、車が欲しいと90万円の軽自動車を買った場合、
90万/100万=0.9が甲さんの限界消費性向になります。

ところが、お金持ちの乙さんが100万円を貰った場合、車も何台も持っているし欲しいものもないから、温泉に行って30万円使い、残りは貯金したとすると、
30万/100万=0.3と、限界消費性向が甲さんに比べて著しく低くなりました。
この現象は、所得の低い人はあれも欲しいこれも欲しいと買うのに対し、所得の高い人は欲しいものは持っているため、限界消費性向が低くなるのです。

給付金などを政策とする場合、受け取る方の所得に注目しなければ、単なるばら撒きになってしまいます。


この記事は ことが書きました。

スポンサーサイト

第302回 GDPデフレーター

最近急に涼しくなりましたね。みなさん風邪を引かないようにして下さい。
そういえば今日、万年筆を買いました。いまどき時代遅れだと思われるでしょうが、毎日パソコンに向かっていて、ふとアナログなものを使ってみると、何となく楽しくなります。みなさんもなにか自分のこだわりの逸品を見つけてみてください。

GDPデフレーター

GDPデフレーターとは、物価の上昇率を表す言葉です。
例を出すと、2000年に100万円の車を5台生産する国があったとします。この時、この国の名目GDPは
100万×5台=500万円です。
次の年に、材料がとても高くなり、200万円に値上げしたところ、3台しか売れませんでした。この時の名目GDPは
200万×3台=600万円になります。
名目GDPを見ると、500万円から600万円に増えているのに、台数でみると5台から3台に減少しています。この矛盾は、物価の上昇率を考えていない計算方法だからです。
そこで、物価の上昇を考えた、実質GDPを出す必要があります。実質GDPは、基準となる年(ここでは2000年)の物価で計算するGDPです。
2000年と2001年を比べてみると、

2000年
100万円×5台=500万円

2001年
100万円(2000年の価格)×3台=300万円

となり、2001年の実質GDPは300万円という事になります。この実質GDP(300万円)と名目GDP(600万円)の差がGDPデフレーターなのです。
定義としては、
名目GDP/実質GDP=GDPデフレーター
名目GDP=実質GDP×GDPデフレーターとなります。
このGDPデフレーターがプラスのときインフレであり、マイナスのときはデフレであると言えます。
2001年のGDPデフレーターは2000年の2倍にもなっていますから、ものすごいインフレが起こっていますね。
一般的には緩やかなインフレが良いとされていますから、GDPデフレーターがわずかなプラスであると良いのでしょう。

この記事は こと が書きました。

第300回 自転車操業

第300回。スタッフとなにより閲覧者の方々のおかげでここまできました。
ありがとうございます。

自転車操業

300回記念にどうしてそれをと思われるかもしれませんが、
個人から国家レベルまで適用できる経済用語なので、今一度どうかお見知りおきを。

自転車操業と聞けば、イメージ的になんとなく悪そうなこととわかっていらっしゃると思われます。
事実その通りであり、自転車操業とはどのような状態かと言いますと。

身近な例をあげれば、正社員やバイト等で働いたお給金で私たちは生活を続けています。
お給金という【収入】があれば、電気光熱費や食費等の【支出】が存在します。
私たちはその費用を節約したり、副次的な収入を稼いだりして『費用が収入を超えないように』しています。
超えれば、借金をするなどしていかなければなりません。

企業も【収入】と【支出】が例外なく存在し、
収入-支出=収益
とあるように、企業は収益をあげなければなりません。そうしなければ、従業員の人らにお給金を支払うことが不可能だからです。
しかし、営業不振等により、収入と支出が同額であり、収益が出ない状況になるとどうなるでしょうか。
収益をあげて、次回の商売につなぐお金をしっかり残していけなければ、新しい事業へ踏み出すこともできず更に収入が増えた場合、最悪の場合倒産という形になります。
このような、利益の大半を支出等の借金返済にあてることを続けていることを自転車操業と呼びます。

由来は、自転車はペダルをこげば前へ進みますが、こぐのをやめると倒れてしまう。つまり倒産してしまうということからきています。
どの企業もペダルをこぐことをやめればいつかは倒れてしまいますが、そうならないために、収益をしっかりあげるという速度をかして、こがずとも惰性で走るような速度をつけています。

今回はここまでです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。

第290回 勝者の呪い

夏風邪にはご用心

勝者の呪い

なにやらおどろおどろしいですね。話のネタ等にもなるのでちょっとみていってください。
winner's curseとも言われいるこの経済用語。

オークションを利用されている方も多いかと思われます、出品者が提出する物品に対して欲しい人が値段を吊り上げてゆき、一番高い人が購入できるシステムです。
そんなオークションにも、国債や不動産競売等、その商品自体の価値に共通の市場価値が与えられている『共通価値のオークション』というものがあります。

落札者は提示された商品を「転売するときにこの商品はこのくらいの値段だから、これくらいの値段で購入すれば得をするだろう」と値段を推定しなければなりません。

さぁ、誰かが商品に対して約100万円の価値があると推定し入札しました。
並み居る他の落札者より高額の入札をしたため、望みの商品を落札することができました。
その人は落札できた…つまり【勝者】となりえたのです。

しかし、落札後に決まる転売市場価格を見て愕然としました。
転売市場価格は80万円とでていたのです。
これでは折角手に入れた商品をいくら打っても20万円の損となってしまいます。

予め知ることのできない転売市場価格がおこす損でしょう。
このように落札をすることができたために【勝者】となりえたが、転売価格により損をすることでまるで【呪い】にかかっているようだというところからきています。

今回はここまでです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。

第283回 就職活動

はい、こんばんは。
書いてるものがカブってたことに気づいて急いで違うのを書いてます。
いやー、長く続いてるとネタ切れ起こしやすいですよねー。
ちょっと妙なテンションの中で始めたいとおもいます。

就職活動

はい、今日のお題は就職活動についてです。
ITとか経済とか全く関係ないんですが一応見てる人のためになればいいと思いまして。
まぁネタがないって言うのもあるんですが。
そのまま鵜呑みにするのも危ないし責任もとれないのでこんな意見もあるよってことでお願いします。

就職活動ですが、石川県の就職活動始める早さはちょっと遅め?なのかもしれません。
石川が3年の10月から開始するのに対し関東やら関西では2年から始めるそうです。
でも自分はこれって本当なのか半信半疑です。2年の段階ではこの後なにがあるかわかりませんし、多分ですが本当に優秀な人だけ企業側がキープしてるって言うところなんじゃないでしょうか。

就職活動ですが3年の10月から本格的にスタートするんですが、それまでにこんな仕事をやってみたいって方向性は定めといたほうが良いと思います。それだけでも何しようか悩むよりはモチベーションが違ってきますので。
あとインターンシップっていって職場体験みたいなものなんですがこれは絶対に受けていたほうがいいですね。プラスにこそなれマイナスにはなりませんので。

10月から本格的にスタート、これは就職活動を支援するサイトが一斉にオープンしだします。
有名所はリクナビマイナビアイバックですかね。とりあえずこの3つは登録したほうが色々便利です。

登録したら興味ある所はどんどんエントリーしてく。行動は早め早めでどんどんスケジュールを埋めていきましょう。まぁ詳しいことは各学校就職課の先生が説明するだろうから省きます。
言えることは後手にまわらない方が良いってことですね。
合同説明会にはどんどん参加してください。

履歴書作りなんですが、どんな履歴書でも自己PRと学校で学んだこととか志望動機については書かないといけません。私が履歴書つくっててちょっと失敗したかなーと思ったところは同じお題じゃないほうが良いってところですね。自己PRと学校で学んだこと両方部活のこととからめて書いたんですが、他にもバイトの事とかかけることはあったのでそっちにすれば良かったなーと。
自己PRではあまり過度にやりすぎると逆に後で突っ込まれたときにキツイので自分でちゃんと受け答えできるように書いた方がいいと思います。

面接ですが、とりあえず面接の時だけでも元気よくハキハキとしてれば問題ありません。
難しい言葉とかで言う必要はないので自分の意見をちゃんと言えることが大事です。
でも面接は初めてだと大体は失敗するので就職活動を支援する施設とか学校でも面接の練習をさせてもらえると思うので練習はしといたほうがいいです。

簡単にしか説明してなくてすいません。
とりあえず今日はここまでと言うことで。
また8月か9月になったらまた説明したいと思います。
次回はパレートの法則についてです。
*この記事は日曜日担当のカズが書きました。
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。