スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回 デフレ

皆様始めまして
無事CWMも二回目を迎えることができました。

さて第二回目のお題はデフレ(デフレーション)です。

デフレ

デフレとは需要と供給のバランスが崩れることをいいます。
そして物価が下がるということは貨幣価値も上がります。
10円のうまい棒が100円で10本のところ、5円になると二倍買うことができますよね。

ですが、債務を抱えている方にしてみるとこれは悪影響になるわけです。
なぜなら物価が下がっているので、同じ量を販売しても売り上げは通常より低いわけですから、借金を返しても残った債務の負担は増えてしまうわけです。

そしてこのデフレが悪循環を起こすのが、「デフレスパイラル」
需要<供給、在庫を抱える。安売り

減収。業績も悪化

所得も下がり、雇用も不安定に

企業は投資、消費者は消費を抑える。

売れない

1にもどる
ループです。本当にありがとう(ry

さて明日のお題"家計支出"についてです

*この記事は 月曜担当の ぐりぺん が書きました。


スポンサーサイト

第一回 インフレ

皆様初めまして。
このCWM(コンピワードマニュアル)は、金沢星稜大学コンピュータ研究会(略してコンピ研)が活動の一環として、経済用語などを解説し発信していこうと考え、設立したものです。
出来たばかりでまだ甘い所があるかもしれませんが、何卒よろしくお願いします。

第一回目のお題は、インフレ(インフレーション)です。

インフレ

「しかし、世界には○○の想像を超えるもっと凄い○○が存在した!!」

いわゆる、”お金”が多くなってきている状況。
増えることにより”お金”の価値が下がり、物価と給料が上昇する。
マンガの場合だと、ドラゴンボールの戦闘力インフレ化のような”上には上がいた”が起こるようだ。
近年ではジンバブエが約35万%という超ハイパーインフレを記録しているという。
インフレが起こる要素は様々あるが、
おおよそは、物の値段が上げてしまうか、お金の価値が下がってしまうか。
今の日本は前者が起こりつつあるのだろうか。

明日は ”デフレ” についてです
なお、記事は、コンピ研の部員が、毎日日替わりでお送りいたします。

*この記事は 日曜日担当の ユズ が書きました

開設宣言

宣誓ーッ!
我々、コンピュータ研究会(こんぴけん)は
ブログを開設したことをここに宣言し
6月29日から毎日更新することを誓います!

6月25日 代表 ユズ
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。