FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第271回 骨伝導

こんばんは、カズです。
どうも最近なにをするにも気力が湧いてきません。
うーん、五月病なんでしょうかね?
まぁ、こう言うときは無理やりにでも気分を変えないとそのままずるずるといってしまいそうなのでがんばってきます。


骨伝導


はい、今日のお題は骨伝導です。皆さんは骨伝導と言うものをご存知でしょうか。
私も骨伝導について知ったのはちょっと前なんですが、結構ビックリしたものなのでご紹介します。
骨伝導とは耳から音を聴くんじゃなく、骨に振動を与えて聴覚神経に直接「音」を伝える仕組みのことです。
つまり、あごとかほほ、もしかしたら肘からでも音が聞こえると言うことです。
ちょっと感動と言うか技術ってこんなに進んだって感心しますね。

骨伝導は日常で常に起こっているらしくて、例えば自分が聞く自分の声は気導音と骨導音が合わさった物なんだそうです。録音した自分の声を初めて聞くと違和感を覚えるのは、録音機器のマイクは空気伝導によって伝わる音のみを録音するからだそうです。
ちなみに一部の生物の中には体表面に耳殻を持たない物もあり、そのような生物は骨伝導によって外部の音を検知しているそうです。例えばクジラは、水圧の影響を避けるために聴覚器官が全て体内にあるが、下顎の骨で水の震動をとらえて耳骨に伝えることで音を感じ取っているんだとか。

今では骨伝導のイヤホンとかもあり、長い時間使用しても聴覚に影響を与えないことからそこそこ人気があるようです。既存の空気伝導では耳に装着するため、長い時間使用することによって、聴覚の低下現象の原因ともなるらしいです。
骨伝導ヘッドセット、ヘッドホンでは耳を塞がないため鼓膜に全く刺激を与えずに、驚くほど明瞭に聞き取ることができるそうです。

外部の騒音に妨害されずに音を聞き取ることが出来たり、逆に骨伝導で音を聞きながら耳から入ってくる音も聞くことも出来るため、空気伝導を利用した音響機器と異なり耳を開放しておくことが出来るため、耳を開放しておかなければ危険な状況で働く人(消防士や兵士など)の通信に利用されているそうです。
これからも発展してきそうな器具だと思います。

今回はここまでです。
次回はエンジェル税制です。

*この記事は日曜日担当のカズが書きました。
スポンサーサイト

第270回 デジタル

少しづつ暑くなってきました。そろそろ人も車も熱ダレの時期です。
今回のお題は

デジタル

最近はアナログと対抗する技術みたいに言われて注目を集めていますね。
特に地上デジタル放送の普及でより注目を集めることになりました。
デジタルとは何か、ということですが、皆さんもご存知の通り離散的、つまり数値を指折りで数えるような整数値で表すことです。
デジタル時計を思い浮かべれば分かる通り、アナログ以上の規則正しさで動いてますね。
連続的に表すアナログのように0秒と1秒の間の瞬間がありません。
アナログ時計でも秒針が断続的に動くタイプがありますが、あれも動きだけを見ればデジタルみたいですね。
デジタルの強みは劣化のしにくさにあります。
ノイズなどが入っても、たとえば整数値のデータならノイズが0,1などの少数値で混入しても無視されるので結果的にノイズが解消されるわけです。
融通が利かないようにも見えますが、データとしてはこちらのほうがいいですね。
0と1で表現することをデジタルという人もいますが、整数のような離散的な処理ができればデジタルということができます。
そろばんもアナログと思われていますが、実はあれも離散的な処理なのでデジタルなのです。
なんだか面白いですね。
デジタルの「劣化のしにくさ」というのはデータ保持という点では特に重要です。
映像メディアがVHSからDVDやBDに移行してきたのも画質ではなく保存性のよさにあると思います。
実際レコードとCDの音質と同じで、柔らかさが出るVHSは映像によってはDVDよりも画質が高いことがあります。
古いアニメなどでは特にVHSがマッチします。
しかし、VHSは劣化しやすいので、理論的には半永久的にデジタルで保持ができる光メディアに取って代わられました。
デジタル化は映像のほかにも様々な分野で応用できます。
たとえば音楽用の楽譜はMIDIやMMLといったものでデジタル化できますし、画像もjpegなどがありますね。
より長く保存したいデータはデジタル化した方がいいですね。機材的に見てもアナログのものが減りつつありますし。
PCでももはやFDDは見かけなくなりつつありますし、紙テープにいたっては僕は見たことないです。
保存性に優れたデジタル。将来はアナログの存在を知らない人も出てくるかもしれません。
アナログも完全になくなるわけではないでしょうが、アンダーグラウンドな存在になりそうですね。
アナログがなくなると寂しい気もしますが、デジタルの方が使いやすいのは言うまでもありません。
今後のデジタルvsアナログの動きを要チェックです。

今回はここまでです。
次回はまだ未定です。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

第270回 人体通信

どうも。こんにちは。

人体通信

近未来、人と人が手を触れ合っただけで情報を通信できたり、それに近い描写を見たことがある人はいるかと思います。
現在はいくらか近づいたとはいえ、携帯電話での通信など物という媒体が必要でした。
この人体通信というのは人間の体を媒体にして情報をやりとりできるものなのです。

概要は通信機器を装着した人が、同じ機器を装着した人と体の任意の一部を接触させることにより通信を可能とするというものです。

具体的には、握手をすればお互いの名刺交換のようなものができる、改札を通る際に定期を見せたりカードを改札機にかざさずそのまま行ける、TASPOの代わりに手をかざす等等。
もし実現することが可能であれば、経済を大きく動かす可能性を秘めた技術なのです。

特筆すべきは電力供給をどこで行うかです。
私達の体には脳が体に向かって信号を送ったりなど、微弱な電流をもっています。
人体通信はその大変小さな電気を使って、電力供給をまかなおうというのです。

この通信技術はユビキタスコンピューティングでもあり、実用可能であれば意識せずとも普段の生活にインターネットへつながることができる事も期待されています。

技術の開発は、日本では1990年代にNTTが『人体の表面に電気を走らせる』電圧方式を、松下電工が『人体の内部に電流を走らせる』電流方式を研究しています。
今から約20年前に提唱された技術ですが、実現の途方のなさから話題性が徐々になくなってゆきました。
しかし2004年から松下電工が電流方式を発表したことにより、また再燃しました。
なにより周りの技術が、昔よりも格段に実現に近いものができることとあって期待が高まる技術であるといえます。

近未来が一般に広まる形で来る時代も来るかもしれません。
ちなみに自分は、もしこういう物が広まった社会があったならば、是非選挙に使って欲しいと思います。
個人の特定ができるので、いままでの方法より正確性は強いはず。

今回はここまでです。
次回はデジタルについてです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。

第269回 スーパーコンピューター

はい、お久しぶりのカズです。
就職活動で忙しい日々を送ってましたがなんとか一段落つきました。
ちょっとブランクがありますが今日からがんばっていきます。


スーパーコンピューター

はい、今日のお題はスーパーコンピューターです。
スーパーコンピューターとは略称はスパコンと言います。スパコンの解説と言っても皆さんがご存知の通りスパコンとは普通のパソコンよりももの凄く高性能なパソコンのことです。

ウィキにはスパコンとは内部の演算処理速度がその時代の一般的なコンピュータより非常に高速な計算機(コンピュータ)のこと。と書いてある通りです。

スパコンはその高度な機能を活かして有限要素法や境界要素法などに基づく構造解析、気象予測、分子動力学、シミュレーション天文学、最適化問題、金融工学のような大規模数値解析に基づくシミュレーションなどと膨大な計算処理を実現させています。

スパコンの定義ですが、現在はコンピュータ自体の性能向上が急激であることからスーパーコンピュータの定義は時代によって大きく変化するんですが、一般的にはその時代の最新技術が投入された最高性能の計算機を指すそうです。現時点では一般的なサーバ機よりも浮動小数点演算が千倍以上速いコンピュータをスーパーコンピュータと呼ぶことが多いそうです。

2005年の日本の定義では1.5TFLOPS以上の演算性能を持つコンピュータを政府調達における「スーパーコンピュータ」と位置付けているらしいですが今では多分変わっていると思います。

ちょっと今日は短くなっちゃいましたがこれで失礼させてもらいます。
次回は人体通信についてです。

*この記事は日曜日担当のカズが書きました。


第268回 アナログ

人のものは大事に使いましょう。
今回のお題は

アナログ

地上デジタル放送の普及などでこの単語を聞いたことのない人はいないでしょう。
まず、アナログとは何かというと「連続した量を表示すること」といいます。
直訳すると「類似」。つまり、時間などの変化量を角度なので表示することです。
古いものをアナログ、新しいものをデジタルという人がいますが、それは間違いです。
例えばゲームコントローラでもファミコンなどのゲームはデジタル入力ですが、最近のゲームはアナログ入力が多いです。
アナログの強みは「多値的に扱うことが出来る」という点です。
デジタルは性質上0と1の二つの値しか扱えませんが、アナログはそれこそ無限に扱うことが出来ます。
連続変化を常に扱うことが出来るのですから、区切りごとの扱いしかできないデジタルにはない特徴です。
また、個人的にアナログの最大の強みであり利点だと考えているのは「直感的な把握が出来る」という点です。
パッと見て瞬間的に理解できるのは人間が機械を扱う上で重要なことだと思います。
車のメーターや時計などがいい例です。
スピードメーターもアナログ、いわゆる指針式の方が理解はしやすいですし、時計もすぐに現在の時刻を把握することが出来ます。
この点が最大の強みでデジタル化が進む現代でもアナログがなくならない要因の一つですね。
弱点としてはノイズを受けやすく、誤差が生じると修正がきかないという点です。
この部分は正確さが要求される現代では特にネックとなり、数を減らしている要因だと思います。
また、保存などの状態で劣化も起こりやすく、長期保存が必要なデータなどでは不向きです。
VHSテープが長い間放置してるとノイズだらけになるのはこれが原因なんですよね。
僕も昔好きだった映画のビデオが見れなくなってて悲しくなった時もあります。
最近の地上デジタル放送も、従来の地上アナログ放送よりも劣化が少ない事が普及の要因の一つです。
デジタルはどこに出しても強いですね。
しかし、やはりアナログの方が人間が理解しやすいのです。
最新の自動車でも回転計はいまだにアナログだったりします。アナログファンなるものもいたりしてアナログ人気は根強いです。
かくいう自分もアナログ派です。時計などもなんとなく指針式の方時計らしくてがいいですよね。
アナログもまだまだ捨てたものではありません。

今回はここまでです。
次回はスーパーコンピュータについてです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

※僕のミスで記事投稿が大幅に遅れてしまいました。申し訳ありません。

第267回 放漫経営

自分を見つめることで手一杯。しかしここはこうあるべきだと作るのではなく、その状況にあった自分を最短でベストな状況へもってくる。とかなんとか思ったり。

放漫経営

会社の倒産には、ほとんどが支出が収入を多く上回ったために起きる経営不振の結果です。
原因は様々あり、現在は支出が収入を上回ることが続く販売不振による倒産が多いです。
過去に…特に70年代には50%を超える割合が放漫経営による倒産でした。

放漫経営(ほうまんけいえい)とは会社を運営する者に運営・管理等の能力がなく、横領やサイドビジネスの転倒等のように内部要因により倒産した企業を指します。
放漫経営の企業が多く倒産した年代は、景気最隆盛の時であり、かつ第一次オイルショックといういわゆるバブルが弾けた時期でした。
景気が上がっている状態とは、お金がよく回る時期であり、銀行も沢山資金を簡単に融通してくれる時期であるといえます。つまり経営や経済などに疎い人でも、簡単に企業を起せる事ができる状態なのです。
そんな素人が経てた会社ですから、経営してゆく指標や素地などはなく、一旦不況という風が吹けばスカスカだった経営の枠が崩れてゆく様は用意に想像できます。

人は絶対学ばない領域でもあるのでしょうか、ちょうど10年後の80年代後半には株式投資などの財テクに失敗して倒産する企業が増加し、第2のピークを迎えます。
しかしそれからは徐々に減ってゆき2002年からは10%未満まで下がっています。

放漫経営の対策には学歴社会の進展、経営責任の分散化が有効であり日本は理想に沿っていると考えられます。
しかし未だに0%ということはないので、経営コンサルティングをする人の観察ポイントに経営者の経営力も含まれています。


今回はここまでです。
次回はアナログについてです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。

第266回 ケータイ

第266回 ケータイ

いろいろと調子の悪い日々が続いています。何もしてないのに神様酷い。
今回のお題は

ケータイ

皆さんお馴染みのケータイです。これはもう説明不要なぐらいに普及しましたね。
元々は自動車電話の技術からスタートした携帯電話ですが、その進歩は凄まじく、今では一種の情報端末です。
携帯情報端末としてのものはもはや「ケータイ」として、携帯電話とは別のものに進化しています。
機能的には一昔前のスーパーコンピュータ以上の性能を持っています。
そんなものが自分の手元にもあるわけです。
時代の流れと技術の進歩を感じますね。
ケータイと言えば、何故こんなに一般に広く普及するようになったのでしょうか。
元々はビジネスユースとして開発されたんですが、やはりとても便利であったためですね。
本来ならそこで進化が止まりそうな感じですが、そこはITの例に漏れず、常に進化の連続です。
そうじゃないとワンセグなんてつくことはなかったでしょう。
その凄まじい進歩により、携帯電話は携帯情報端末「ケータイ」へと進化しました。
移動中でも様々なことをしたいというある意味無茶なニーズに次々と答えた形が今のケータイの姿であるのです。
メール機能も元々はポケベルの延長でしたからね。それが今では数百種類の絵文字だけでなく、デコレートできるようになりました。
半年使えばもう旧式なんてとんでもない進化スピードですね。
僕はケータイにはより通信に強くなって欲しいと思っています。
NTTドコモのハイスピードケータイのような高速大容量通信をどこでも出来るできるのが本当の情報端末としてのあるべき姿だと思うからです。
本来メインである通話の方は、もう品質向上くらいしか進化しようがないでしょうしね。
日本全国どこでも出来るというのが、ケータイの行きつくべきところだと思います。
ワンセグなどはははっきり言って無駄だと思います。テレビ見るなら家でフルセグ見ましょう。
どんなん所にいても瞬時に必要な情報を手に入れる。もはやケータイの枠を超えそうな感じですが、携帯電話ではなく、「ケータイ」として限りない進化をして欲しいと思っています。
果たして僕の死ぬまでには一体どこまで進化するんでしょうか。
そして、今後どんなニーズが出て、それをどうメーカーは答えていくんでしょうか。
非常に見ものです。

今回はここまでです。
次回は放漫経営についてです。

今回は普段の単語解説ではなく、自分の思ったことを中心に書いてみました。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

第265回 ネットスーパー

風邪薬のせいで睡眠サイクルをまた直さないといけない状態になってしまいました。

ネットスーパー

ネットスーパーとは生協やスーパーが、インターネットで注文を受け付け、近隣の住宅などに食製品や生活用品等を宅配するサービスのことです。

スーパーや生協などのホームページ等で会員登録を行い、インターネットで受けた注文の品を注文を行った住宅や施設に宅配しています。
取り扱っている品目は店舗で販売されているものと変わりはありません。
また、広告を持ち歩いたり覚えてから出向かなくとも、広告の品を見ながら直接選択できるとあって、今までと違った便利な買い物をすることができます。

主に車を使用しない首都圏に住んでいる層によく利用されており、徐々にではありますがその範囲は広がっています。
また、少子化高齢社会の日本はその環境ゆえか、徐々に自分から出向いて買い物をすることが辛いと感じる家庭が多く、その利用数は今後も伸び続けると予想されます。

デメリットとはしては、自らが買いに行くとは違い、配送料が別にかかったり、天候や交通状況によって配達時間が左右されることがあるということです。
また、直接商品を見て購入することができなません。
しかし、大体はその日の内に配達され、なにより手軽さや便利というメリットが大きく感じ利用する人は多いです。

最近ではスーパーの中で無菌、人工的に光や温度を調整した栽培を開始している店舗が続々とでており、安全面の不安要素を解消したネットスーパーも近い将来でてくる可能性もあります。

今回はここまでです。
次回はケータイについてです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。

第264回 情報家電

GW終了。例のごとく憂鬱です。
今回のお題は

情報家電

情報家電とは、正式には「デジタル家庭電化製品」と呼ばれる、デジタル技術を応用した家電製品の一種です。
「デジタル家電」といった方がわかりやすいですし、この呼称はよくご存知かと思われます。
最近のテレビは地上デジタル放送の普及でデータ放送やインターネットができるようになりましたが、まさしくそれが情報家電です。
VHSに代表される家電はアナログ家電と呼ばれますが、それですらもデジタル化の一途を辿っています。
それほどまでに生活に浸透した存在です。
ユビキタスコンピューティング社会において、最も重要な存在でもあります。
携帯電話も初期のアナログからデジタル化を果たし、「ケータイ」へと進化しました。
アナログ家電が目指す次の形ともいえますね。
情報家電の進化は著しく、現代人の私達でも進化のスピードに追いつけないほどです。
情報家電の代表格ともいえるPCなら1年経てばもはや旧式になってしまうほどのスピードです。
デジカメやDVDレコーダといった、現代ではおなじみとも言える家電はすべて情報家電といえます。
狭義の情報家電は主にネットワーク機能を備えてる家電の事を指します。
インターネットに接続が可能な家電は完全な情報家電ですね。
つまり、情報家電とは一つのPCとも言える存在です。
任天堂のWiiやSCEのPS3なども、娯楽製品ではなく、家電として認知されつつあるので、これもそうですね。
これが日本だけでなく、世界の景気を牽引していることは言うまでもなく、家電のデジタル化が進むほどに世界経済は潤うということです。
もちろんそんな簡単にはいきませんが、それほどの力を持っていることは紛れもない事実です。
しかし、この情報家電にも弱点はあります。
ネットワーク機能を備えているということは、情報処理を行うので、中身はほとんどPCと変わりません。
そのためにアナログ家電には考えられない「コンピュータウイルスの脅威」というものがあります。
たとえばHDDレコーダに収録されている映像がネットワークを通じて勝手にアップロードされるなどという事態も起こることもあります。
自分で楽しもうと思ったら、いつの間にか映像がネットで流れてて違法アップロード者として逮捕された、なんてなったらたまりませんね。
相当便利になってますが、ハイテク化の裏に必ず潜む危険は家電とは言っても例外ではありません。
常にその危険性を頭において使うようにしたいですね。

今回はここまでです。
次回はネットスーパーについてです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。

第263回 CP(コマーシャル・ペーパー)

和歌山県なう

CP(コマーシャル・ペーパー)

企業が存続するためには、資金の調達をするために様々な金策方法がないといけません。
借りたお金を期日までに返さない不渡りを犯してしまうと、一度でも大半が再営業不可能な状態に陥り、二回目は社会的に営業できなくなってしまいます。
口約束で済ます事もあるプライベートと違って、社会のこと金については厳しい姿勢をとっています。
その中でコマーシャルペーパーもそんな不渡り回避の金策の一つです。

コマーシャルペーパーとは、企業が資金調達を行うために発行される無担保の短期の約束手形のことをいいます。
文字ではCP(commericial Paper)と略されています。
コマーシャルという単語は、スポンサー付きの~、商業用の~、という意味合いに使われることがありここでは商業用の紙…つまり契約書みたいなものを想像していただければよいです。

コマーシャルペーパーのメリットはいくつかあり、主なものは2つ。
1.機動性が高い
 発効日に即日決済が可能なため、急な資金対策を要した場合でも、すぐに資金を確保できます。
2.金利が低い
 企業向け融資(市中銀行)が提示している、短期間の貸借レートよりも約半分ですんでいます。
もちろん、このようなメリットがある中には大きなデメリットがあります。
それは貸したお金を高い確率で返却してくれる優良企業に発行が限られているということです。
もちろんこれは、担保がいらないという貸す側にとって保証人のような者がいない人に貸すという行為そのものなので、とても信用力が高くなくては貸せません。
信用というのはこのように、時としてお金にもなりえます。

 発行した銀行や証券会社は、発行した分(貸した分)のお金をどうにかしなくてはなりません(銀行が不渡りを渡すことは洒落にならない話です)そのために、機関投資家限定でその発行券を販売します。

 さて、このように大変企業にとっては駆け込み寺ともいえる金策方法なのですが、08年の9月皆様も知っておられるかもしれませんが『リーマンショック』により、優良企業であれども潰れる可能性(コスト)が上がったために銀行がうかつにお金を貸さない『貸し渋り』をし始めました。
 今までCPを使っていた企業にとっては、これは大変な痛手であり、そういう時期こそ金策が難しくお金が欲しいというのにお金が貸されないのです(このように銀行は「雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」と揶揄がされることもしばしばあります)
 このようにCP市場を正常化させようと、日銀によるCPの買取が導入されました。おかげで、銀行は日本銀行という大きなバックアップを手にして、貸し渋りを緩め始めました。

 今では、リーマンショック以前のように金利は安定しており、借りやすくなっています。

今回はここまでです。
次回は情報家電についてです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。