スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンプロイアビリティ

  こんばんは おっくんです
 
  そろそろ3年生の就職活動が始まります、私も気になっています
  なぜなら、このご時世の社会状況によって有効求人倍率が過去最悪なまでに
  悪化しました。そんな中で「自分はこの企業(会社)に向いているのか」や
  「企業の中でうまくやっていけるのか」や「就職がうまくいくか」など気になると思います。
  そんな中で話題に上るのが(?)エンプロイアビリティという言葉です。
  この言葉の意味は、Employ(雇う、雇用する)とAbility(能力)の造語で
  「雇用されうる能力」といいます。従来までは、転職や就職活動のさいに、自分がその企業に
  向いているかやを示していましたが、最近では現在勤めている企業において、「雇用され続ける
  ことができるほどの能力」があるかという意味でもこの言葉が用いられます。
  要するに、ビジネスパーソンとしての価値を示します。
  また、企業にとっては、この値が高いほど優秀な人材となり、企業の発展に貢献することになり
  企業側にもいいでしょう。また、自らも「雇用」について考えていきたいです。
  
  3年生の皆様へ、就職活動頑張ってください。
  
  
スポンサーサイト

第303回 炎上

後期授業が始まりました。これからが正念場。

炎上

インターネットにおける炎上とは、サイトやブログに大量の非難や批判、中傷の投稿をされることです。

多くの場合、サイト管理者の犯罪行為の発覚や自慢、マナー違反、非常識な言動、間違った知識で意見を述べるといったことで発生します。
(しかし、ちょっとした揚げ足取りや誤った情報によって炎上することもあるため、必ずしもサイト管理者に非があるとは限りません)
それらがインターネット上で話題になることで、閲覧者や野次馬がそのサイトの掲示板やブログのコメント欄などに否定的な文や非難を多数書き込みます。この状態を炎上と言います。

万一炎上した場合、これらの書き込みに対して挑発的な文章で返したり、間違いを認めなかったりするのは逆効果なので、なるべく閲覧者を刺激しない対処をしましょう。


この記事はマスヲが書きました。

第302回 GDPデフレーター

最近急に涼しくなりましたね。みなさん風邪を引かないようにして下さい。
そういえば今日、万年筆を買いました。いまどき時代遅れだと思われるでしょうが、毎日パソコンに向かっていて、ふとアナログなものを使ってみると、何となく楽しくなります。みなさんもなにか自分のこだわりの逸品を見つけてみてください。

GDPデフレーター

GDPデフレーターとは、物価の上昇率を表す言葉です。
例を出すと、2000年に100万円の車を5台生産する国があったとします。この時、この国の名目GDPは
100万×5台=500万円です。
次の年に、材料がとても高くなり、200万円に値上げしたところ、3台しか売れませんでした。この時の名目GDPは
200万×3台=600万円になります。
名目GDPを見ると、500万円から600万円に増えているのに、台数でみると5台から3台に減少しています。この矛盾は、物価の上昇率を考えていない計算方法だからです。
そこで、物価の上昇を考えた、実質GDPを出す必要があります。実質GDPは、基準となる年(ここでは2000年)の物価で計算するGDPです。
2000年と2001年を比べてみると、

2000年
100万円×5台=500万円

2001年
100万円(2000年の価格)×3台=300万円

となり、2001年の実質GDPは300万円という事になります。この実質GDP(300万円)と名目GDP(600万円)の差がGDPデフレーターなのです。
定義としては、
名目GDP/実質GDP=GDPデフレーター
名目GDP=実質GDP×GDPデフレーターとなります。
このGDPデフレーターがプラスのときインフレであり、マイナスのときはデフレであると言えます。
2001年のGDPデフレーターは2000年の2倍にもなっていますから、ものすごいインフレが起こっていますね。
一般的には緩やかなインフレが良いとされていますから、GDPデフレーターがわずかなプラスであると良いのでしょう。

この記事は こと が書きました。

コラム 私にとってのコンピュータ

雨が降ると秋っぽく感じるんですが、晴れると夏に逆戻りしたように感じます。

私にとってのコンピュータ(ヨコショウ編)

僕が初めてパソコンというものに触れたのは小学校の中学年くらいでした。
以前から父が持っていたワープロに興味を持っていたのと、ちょうど学校でパソコン教育をやるようになり、PCが導入されたのが興味を持ったきっかけでした。
当時のPCといえばWindows95でした。
今となっては暇つぶしでもしていないタイピングゲームなどで、ファミコンのようなGUIで表示されるゲームを意気揚々と楽しんでいた記憶があります。
小学生も高学年になるような時に、我が家にもようやくPCがやってきた時は、けっこうそれで遊んでた記憶があります。
最初なのでOSがどうのこうのなんて父ですら分からないので、最初のPCはなんと悪い意味でとても有名なWindowsMEでした。
インターネットも電話回線でかなりの制限がありました。
そして、幾度とないフリーズなども経験してきました。
でもフリーズを経験すると、PCが不安定になった時も冷静に対処できるようになったので、ある意味いい経験だったのかもしれません。
高校時代までそのPCを現役で使い、大学生になってようやく自分のPCを手に入れました。
大学生になってからはPCのいろいろな使い方に気が付き、1年生の後期からずっと興味があったこのコンピュータ研究会に入りました。
今では、PCをもっとマルチに使おうと考え、どんな仕事でもPCで出来るようになりたいと思うようになりました。
僕にとってはPCは何でもできる魔法の杖みたいなものです。
だれにとってもそうですが、みんなその機能の全てを使いこなせているわけではありません。
僕はPCを全てにおいて活用できるようにしたいと思ってます。

PCの計り知れない底力をいかに引き出していくか。それが僕の大学生活の中での課題です。

*この記事はヨコショウが書きました

お知らせ

皆様方には、平素はCWMを見てくださりありがとうございます。

今月に入り、こんぴ研のメンバーの変化をうけ、CWMの更新方向を一新することをお知らせいたします。

前回までは経済・ITについて用語の説明などを行っていましたが、
9月からは毎週日曜日にパソコン等についてのコラムを掲載してく方針に定めました。

しかし、経済・IT用語に関する受付は継続し、
次週までに用語説明を行いますのでどうぞ気兼ねなく送信してください。

これからもCWMをどうぞよろしくお願いいたします。


火曜担当 マッサーカ
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。