スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第207回 リムーバブルメディア

今回の用語解説を前にリクエストにお答えしたいと思います。
*僕個人の考えが含まれてますので、これが正解とはかぎりません

○パソコンゲーム(オンラインとオフライン)のありかた
一時期ムリヤリ流行らせようとしてコケた”セカンドライフ”の例もあり、「いかに3D技術が素晴らしくても栄えなければダメ」というのがオンラインゲーの定説。だが、”オンライン”自体がネットで繋ぐという形であるがために「PC本体の性能」「有料化」といった現実的な部分が関係してきます。その部分は本来のゲーム用途とはあまり相性が良いとは言えません(遊ぶ部分自体はオンラインだが、環境を揃えるにはオフラインで設定する必要がある)。そこをいかに上手く取り繕うかがカギでしょう。
オフラインゲーもアクティベートの関係によりオンライン化が進むかもしれませんが、現状とあまり変わらないと思います。しかし、オンラインは早急な対策が必要です。

○ITってなんなんだ~?
番外編で詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

リムーバブルメディア

○はじめに
これまでCWMが取り上げたリムーバブルメディアとして… USB ブルーレイディスク フラッシュメモリ フロッピーディスク ぜひとも、こちらの記事も読んでみる事をオススメします。

○リムーバブル?
ホットスワップ(PC本体の電源を入れたまま抜き差しが可能)やプラグアンドプレイ(ドライバの自動インストール)に対応した補助記憶装置の事で、さらに(装置の規模にもよりますが)携帯が可能であるモノを指します。様々な媒体に対応しているため、おおよその人はリムーバブルメディアを所持しているでしょう。故に盗難やデータ消失などの紛失事件が頻発しています。そのため、近年はこれまでリムーバブルメディアには無かった”暗号化”や”堅牢性確保”のされた製品が続々と販売されています。

○壁
2009年現在、リムーバブルメディアは飛躍的なスピードで容量がアップしています。発展というのもは恐ろしいもので、ぶっちゃけ4年ほど前は”MB”だった容量が”GB”に進んでいるのが現状です。この増え方について行けないのが”フォーマット”であり、例えば”SDカード”だと4GB以上の”SDHCカード”は古いSDカードリーダーでは認識ができません。これは当時、2GBを越えるSDカードは出ないだろうという認識があったからですが、いかんせん早すぎて対応し切れていないのが現状です。さてさて、フォーマットですが、現在主流フォーマットである”FAT32”は32GBまでしか認識しません。このままでは流れに対抗できないため、windowsVISTAでは”exFAT”というフォーマットが追加されました。これは16EBまで対応しているので、事実上上限が無くなったとされています。

*”exFAT”はリムーバブルメディア専用のフォーマットです。
*NTFSはHDD専用のフォーマットなのでリムーバブルメディアには使用できません。

○最後に
どれだけ複雑な暗号化を施しても、物理的なセキュリティはあなた自身に委ねられています。くれぐれも情報流出にはご注意ください。

今回はここまでです。
次回は貸し渋り についてです。

*この記事は水曜日担当のユズが書きました。
スポンサーサイト

comment

Secret

勝手に補足:EB

EB(エクサバイト)

10の18乗(2の60乗)の大きさ

kB-MB-GB-TB-PB(ペタバイト)-EB

って書けば分かりやすいかな?

詳細はWikipediaにおまかせ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%88
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。