スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第225回 CEO

明日はテストです。
これは勉強しなければ、と思うんですがなぜか体がだるいです。
これが噂の五月病!?なーんてね。
まぁ多分風邪かなんかでしょう。寝てりゃ治ります。

CEO

はい、今日のお題はCEOです。
CEOとは外国の企業において、経営実務に責任と権限を有するトップマネジメント担当者のことです。企業の最高経営責任者と言うとわかりやすいですね。

外国(特にアメリカとか)では企業の所有と経営を分離して考え、所有者(株主)を代理する取締役会が、業務執行を行う執行役員を任命・監督するという形態となっています。この執行役員のトップがCEOになります。

日本では取締役会が経営上の重要な意思決定を行い、その執行を代表取締役が行うこととなっており、取締役会及び代表取締役を監査役(監査役会)が監視する形態となっています。

良くある勘違いで社長=CEOと認識してる人も多いですがこれは違っていて、会長がいる会社ではCEO=社長となっています。ただ米国企業ではCEOとは別に社長や会長がいる場合もあるが、実際には取締役会会長とCEOを同一人物が兼ねるケースが多いです。ただこの場合、企業の全決定権を委任されたことになり一人の人間が全て決めるワンマンになってしまいがちです。

CEOは企業経営を行ううえで大きな権限があり、成果を上げれば莫大な報酬を得るが、取締役会によって「成果を上げられない」と判断された場合はすぐに解任させられると言う点が利点にも欠点にもなっています。

日本でも最近委員会等設置会社が導入され、米国型のシステムが導入できるようになったが、CEOといっても米国型のCEOを指さず、名称だけが一人歩きしていることが多いそうです。

いい制度は取り入れたほうがいいと思うけど無理してなんらかの影響がでてしまうならそのままでいいのによ思ってしまいます。
今日はここまでです。
明日のテーマは加速度センサーです。

この記事は日曜担当のカズが書きました。

スポンサーサイト

comment

Secret

ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。