スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第234回 WBS

最近になってやっと自分の環境を手段として見れるようになりました。大学の一切は手段である。

Work Breakdown Structure

Work Breakdown Structure(仕事構成の分析)

仕事の計画のマネジメント(プロジェクトマネジメント)において計画を立てる際に用いられる手法の一つで、
プロジェクト全体を細かい作業に分割した構成図の事を指します。

 解りやすく言うならば、
1.家やマンションを購入したりする際に『どのような流れで、どのような作業が発生するのか』は知りたいと思います。逆に知らないと不安ですね。
2.ある目標に向かっての計画を打ち立て、その計画を滞りなく進めるためには進行具合を細かくチェックし、急に起きた問題にも対処しなければなりません。
 この二つの要素から、WBSとは計画の進行具合を『どのような流れで、どのような作業が発生するのか』を視覚的に解りやすくするための、プロジェクトマネジメントを助ける作業構図なのです。
 WBSが主に使われる環境はIT関連が多く、技術の高度化・製品サイクルの短期化などの様々な要因が発生し、今まで視覚的に捉えづらかった計画を改善するために開発されました。


図の例を引き出せば下記のURLに書いてあります。
「作業分割構成」「作業分解図」などとも呼ばれています。
http://www.b-connect.co.jp/system/sys06_4.html


WBSとは何かということについては大まかにはここまでです。。それでは次にWBSの図についてURLの表を使って解説します。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061019/251160/

WBSには3つのステップ踏んで計画の作業を分析し、細かく分解してゆきます。
格ステップには異なる属性(エレメント)で分けられており、

ステップ1 大日程計画
システムの各エレメントをきちんと分析のうえ、「機能概要書」「データフロー」など書類をまとめる。さらに、「80時間」を単位として、プロジェクトを細分化し、ワークパッケージを洗い出す。週一回進捗会を行う場合、40時間を一つ単位としてワークパッケージを設定する場合もある。
ステップ2 中日程計画
ワークパッケージにより、コスト、開発要員、スケジュールを設定する。機能、納期に基づき、常に大日程計画をフィットバックする。
ステップ3 小日程計画
コスト、進捗、品質、要員この四つのエレメント見ながら、小日程計画を推進する。常に進捗を大日程計画、中日程計画にフィットバックする必要がある。

このように3つのステップに分かれており、難しそうな話だと感じますが、WBSはトーナメント表のように仕事を分析して細かく分けてゆき(設計の仕事の中には開発という仕事の成分が含まれており、設計には○○・△△・□□の細かい設計が含まれているといったもの)
その一連の作業の最下層にある塊(ワークパッケージ)に人員を配置し(この中では階層:5にあたる)仕事を消化していくということなのです。

さて、この単語の依頼をしてくださいました投稿者様のご要望である単語の使用例ですが。
・プロジェクトマネジメントをWBSを使って管理した
・WBSを作成するにあたって、資料を集めた。
等があります。

今回はここまでです。
次回はネットショップについてです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。


スポンサーサイト

comment

Secret

ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。