スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第250回 HDA

何かを維持し続けるということはとても大変なことですが、一度習慣になりさえすれば続けることは難しいことではありません。
ブログ更新だってまた然りです。

今回のお題は

HDA

HDAとは、High Definition Audio(ハイ デフィニション オーディオ)の略で、CPUなどで有名なインテル社が提唱するパソコン向けのオーディオ規格です。
HDオーディオと書けばパソコン用スピーカーなどで聞いたことがあるかと思います。
2004年に発表され、現在では市販PCの標準規格となっています。
それまではAC'97という規格が普及していましたが、高ビットレートの対応に限界がありました。
マルチメディア用途でも性能を伸ばすPCの進化に対応するためにHDオーディオが開発されました。
同時にDVDの普及によるドルビーサラウンドに対応するために多チャンネル化も実現しました。
性能は圧倒的に上がりました。

・AC'97
48kHz/20ビット
ステレオ再生

・HDA
192kHz/32ビット
8チャンネル同時再生

チャンネル数だけでもかなりの進化ですね。
他にも同時入力可能など、とてつもない性能アップです。
AC'97とは互換性がありませんが、あまり問題はありません。
HDオーディオは、実際にはハードウェア自体の性能が影響しますが、扱えるデータは本格的なオーディオ機器に匹敵する高音質です。
ノートPCの人はスピーカーを装着するだけでかなり違いが出ると思います。
純正スピーカーでは本来の性能を生かし切れてないということですね。
高性能のスピーカーに接続すると感動します。一度こだわってみてもいいかもしれません。
自分のPCの持ってる本来のオーディオ性能を今一度実感してみてください。

今回はここまでです。
次回はジェネリック医薬品についてです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。
スポンサーサイト

comment

Secret

ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。