FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第252回 Audio Codec 97

冬が終わろうとしてるのにこの寒さと思ってたらいきなり雪が積もりました。
これも異常気象でしょうかねぇ。
今回のお題は

Audio Codec 97

Audio Codec 97とは、一般的にAC'97と呼ばれるもので、PCのサウンド規格です。
現在は前回に書きましたHDオーディオに取って代わられてますが、2004年以前は標準規格として利用されてました。
それ以前ではオーディオデバイスがワンチップで構成されているものをアナログコーデックとコントローラで分離することで高音質化を図ったものです。
また、コントローラをソフトウェアで処理することによって低価格化もしています。
3Dオーディオ機能やマイク入力が可能になったなど、画期的なシステムでした。
現在では当たり前になりつつある機能ですが、これによりPCはマルチメディア化を実現することが出来ました。
これがなければ現代みたいにPCは何でもありなものではなかったということですね。
アナログからデジタル、またその逆やミキシングもこのAC'97の登場によって実現したものです。
この規格はHDオーディオと同じくインテル社が開発したもので、インテル社のCPUを搭載するPCには必ず付いていました。
まぁ、そうじゃなくても標準規格となってますからAMD社製のものでもAC'97なんですけどね。
このシステムは安価で実装面積も少ないという、コンパクト化が流行の現代では重宝されるようなメリットも持っています。
しかし、このシステムはサンプリングレートの関係上、DVDなどのフォーマットではその高音質を生かせませんでした。
この問題を解消するためにHDオーディオが誕生しました。
現在はほとんどがHDオーディオですが、旧式のチップを搭載するPCなどでは今でも使われています。
また、その柔和でよりアナログチックな音に惹かれてわざわざAC'97を搭載する人もいます。
まだまだ現役のシステムです。
ブルーレイが登場してもいまだに一部で現役のVHSみたいですね。
僕はHDオーディオ派ですが、古いパソコンの今ではチープに聞こえるような音もなかなか味があっていいと思います。


今回はここまでです。
次回はミニマムペイメントについてです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。
スポンサーサイト

comment

Secret

ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。