FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第253回 ミニマムペイメント

弟が耳の病気で手術をしました。結果は無事成功し、うまくいけば耳もよく通るとのこと。よかった。

ミニマムペイメント

ミニマムペイメントとは、リボルビング払いにおいて、毎月必ず支払わなくてはならない最小返済金額のことです。

これはどういうことかいいますと、私たちはキャッシュカードで『分割払い』をするときには手数料として数パーセントの金利を払わなくてはなりません。
そういった金利手数料がかかる払い方は他にもあり、今回のお題に関わる『リボルビング払い』というものがあります。

『リボルビング払い』とは、『分割払い』のような支払い回数を指定するのではなく、また利用件数・金額にかかわらず、毎月の返済金額を一定にして計画的名返済を行う方式です。
さて毎月の返済金額といいましたが、この返済金額を『ミニマムペイメント』と呼んでいます。


さて、アメリカ人というのは欲しいものがあっても財布に金が無かったとしたら、クレジットカードを使ってでも購入する傾向が強いらしいです。
 最近では、何か買い物をした際にリボルビング払いを選び、そのミニマムペイメントの支払いがまだ完済していない間にまた他の買い物でリボルビング払いを選び、結果ミニマムペイメントを支払う期間がながくなり破産してしまう事件が多々起きています。

 何故このような多重債務を抱えることになったのでしょうか?リボルビング払いというのはどれだけその方式で購入してもミニマムペイメントは変わらないといいましたが、その一定の金利というのが曲者でした。
 なぜならば、返済中の借入金がある時にまた借入金をする(リボ払いの返済中に、また他の買い物でリボ払いをする)と、その借入金同士が合わさってしまうのです。
 大抵この形式の払い方は、返済期間が後になるにつれて返済額は低くなります。つまり返済期間は延びているが、一定のミニマムペイメントも延びた分だけ支払わなくてはならないということです。

 また、一定であるが故に消費者も借り入れ(借金)をしている意識が薄らぎ、また別の高額な買い物をリボルビング払いでで済ましてしまう(借金)という結果を招きます。

金融に関しては野放し状態であり、今私たちができることは、見かけにだまされない賢い買い物をすることでしょうか・・・。


今回はここまでです。
次回はマザーボード についてです。

*この記事は火曜日担当のマッサーカが書きました。
スポンサーサイト

comment

Secret

ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。