スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第295回 PC/AT

なかなか本格的な夏が来ません。地球は大丈夫なのでしょうか。
今回のお題は

PC/AT

よく、サイトを運営している人の環境を見ると、自作PCを組んでいる人などは「PC/AT互換機」と表記しているのを見たことがあると思います。
なんのこっちゃさっぱりって感じですね。
ここでのPC/ATとは、1984年に発売されたIBMのパソコンから来ています。
現在のPC/AT互換機とはそのアーキテクチャ、つまり設計を継承した子孫ということですね。
PC/ATは現在のパソコンの元祖ともいえる「IBM PC」の後継機とした登場しました。
オープンアーキテクチャを採用し、内部の仕様などの多くが公開されていました。
そのために、様々なメーカーから続々とPC/AT互換機が登場しました。
PC/ATの普及のきっかけは、日本でも古くからパソコンに触れている人なら知っている「Lotus 1-2-3」です。
PC/AT以降の機器用に性能重視で作られ、優れた表計算ソフトとして広まりました。
その広まりは凄まじく、PC/AT互換機はPC/ATとの互換性よりもLotus 1-2-3を使えるということをセールスポイントとするほどでした。
DOS時代は圧倒的なシェアを誇り、現在ではMicrosoftのEXCELにとって代わられましたが、今でも利用者のいる素晴らしいソフトです。
そのPC/AT自体もそのものはMS-DOSにとって代わられてしまいましたが、現在のパソコンの多くがPC/ATを基盤としているあたり、その圧倒的なすごさがわかりますね。
世界のパソコンの標準となりえたのはすごいと思います。
僕たちの使っているパソコンも中身はPC/ATというわけです。
僕は、パソコンというものを世の中に広めるきっかけとなったこのPC/ATを製作したIBMに敬意を表したいと思います。
パソコンがなければ世界はここまで進化しなかったでしょうからね。


今回はここまでです。
次回はクリーピング・インフレについてです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。
スポンサーサイト

comment

Secret

ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。