FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第297回 OEM

第297回 OEM

夏”っぽい”天気になってきました。しかし、本格的な夏がないまま秋になるのでしょうか。
今回のお題は

OEM

最近ではあまり見かけない単語ですが、「Original Equipment Manufacturing」の略で、他社のブランドの製品を製造することを言います。
日本においては「OEM販売」という形で良く使われています。
1950年代にIBMが作った造語で、米国のコンピュータ関連企業から広まって行きました。
IBMってコンピュータとなるとなんでも生み出すすごい会社ですね。
コンピュータに限らず、家電や自動車など、様々な業界において幅広く利用されているビジネス手法とされています。
簡単に言ってしまえば、他メーカーの製品を作らせてもらっているという感じですね。
特に中小企業などの営業力が弱い企業などは大手企業からのOEMを受けるという手法もあります。
日本では、ビデオテープ、いわゆるVTR戦争で、VHS側の企業の大手であるビクターや松下電器などが、他のVHS企業にOEMを行ったことがあります。
これによってVHSはVTR戦争に勝利したともいえると思います。
技術的にはベータの方が進んでいるとも言われていた中での勝利は素晴らしいと思います。
現在は、実は市場はOEM品だらけで、ほとんどが中国などからのOEMです。
例えば「Made in China」と表記された日本企業の製品などがそうですね。
最先端の技術と使用している製品じゃない限り、市場に出ているのはOEM品といえるでしょう。
自動車産業でも80年代から90年代にかけて、良く行われていました。
例えば現在の車種では、三菱のekワゴンと日産のオッティがOEMであると言えます。
価格や市場の拡大を図るために欠かせないビジネス手法です。
これからも良く使われていくでしょう。


今回はここまでです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。
スポンサーサイト

comment

Secret

ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。