スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第301回 DTM

ついにCWMも300回突破しましたね。そして次回からCWMが変わります。
今回のお題は

DTM

最近、特にインターネットをよく利用する人は一度は聞いたことがあるかもしれません。
有名なものでは「ドイツツーリングカー選手権」がありますが、今回はレースのことではないのでそちらではありません(笑
DTMとは「Desktop Music」の略で、いわゆるコンピュータ音楽です。
コンピュータと電子楽器を接続して演奏したり、音楽制作を行う事を指します。
MIDIという規格を用いて音楽を作ったり、様々な音を組み合わせる等、表現方法は様々です。
いろんなことに応用できるコンピュータを利用してることの表現のバリエーションですね。
趣味性の高い分野ですが、プロの作曲家も使う手法です。
アマチュアからプロまで幅広く使われている現代音楽ではポピュラーな手法ともいえます。
シンセサイザーなどが登場すればそれはほぼDTMでの楽曲だと思って間違いないでしょう。
特徴としては、楽器のノウハウがなくても、つまり楽器が弾けなくても音楽が作れるということです。
「キーボードなんて弾けない!でも音楽作りたい!」という人にはまさにうってつけと言えます。
楽器が弾ける人でも、自分の演奏する楽器以外をコンピュータで鳴らすことによって、自分一人でもバンドを作ることが可能となります。
DTMといえば、もはや説明不要といってもいいのが、初音ミクですね。
このソフトの存在により、DTMは知名度を一気に上げたと言っても過言ではありません。
初音ミク自体も、DTM界で異例の、空前絶後ともいえる大ヒットを記録し、様々なジャンルに進出するようになりました。
元々は、一つのDTM用ソフトとして登場しましたが、今までボーカルが作れなかったDTMに革命を起こしただけでなく、ゲームや漫画界にも進出するとはまさに恐るべき存在ですね。
これによってDTMを知った人もいると思います。僕もその一人ですので。
リンクに張られている同大学のDTM研究会も初音ミク等をいろいろ研究しています。
ぜひそちらも見に行ってください。
プロとアマの垣根をなくす、趣味としてだけで終わらない趣味としてDTMは音楽界に広まっています。

今回はここまでです。

*この記事は金曜日担当のヨコショウが書きました。
スポンサーサイト

comment

Secret

同人

テ○ファのカラダにいくつもの凌辱が降りかかる。
http://www.deaf-brEed.com/
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。