FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第307回 建て通貨

急にレコードが欲しくなりました。デジタルには無い、温かみがあるように感じます。

建て通貨

今回のテーマは建て通貨です。
前回の私の記事にも書いたのですが、建て通貨とは何かについて書いてみたいと思います。

建て通貨とは、商品の値段を表示する際に使用されている通貨のことです。解りやすく言うと、日本のスーパーで「198円」などの値札が貼られていると思いますが、この場合は円で表示されているので、円建てと言います。
アメリカのスーパーでは、「$1」などと貼られているのではないかと思いますが、この場合はドル建てです。
そんなことは当たり前だと思われると思いますが、建て通貨は非常に大きな意味を持ちます。
例えば、原油はドル建てで、ドルで値段が表示されています。1L=1ドルと言う値段の場合、1ドル=100円ならば1L=100円です。しかし、円安になって1ドル=200円になってしまうと、1L=200円になっていまいます。原油の値段は変わらないのに、為替相場の変動のせいで値段が2倍になってしまいました。もしこれが、円建てだったらどうでしょうか。1L=100円の原油は、1ドル=100円が1ドル=200円になっても、円建てですから値段は変わりません。
原油の場合はドル建てと決まっていますから変更できません。しかし、企業同士の貿易の場合は、売った時と決済のときで大幅に為替が動くと、片方が大儲けをしたり、片方が大損することになります。このように、企業活動を行う上で、建て通貨は非常に大きな意味を持ちます。

この記事は、ことが書きました。
スポンサーサイト

comment

Secret

ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
ブログ内検索
RSSリンクの表示
QRコード
携帯からもアクセス!

QR

QRコードの使い方がわからないという方 gooさんにて、解説サイトがあります。こちら

最近のコメント
カウンター
単語募集中!
解説してほしい単語募集中!
拍手でも受け付けています。

お名前(HNでもOK):
希望お題:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。